カテゴリー: 英語について

公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブ英語教室では、このブログの他に「公式LINE」で英語教育に関する情報をシェアしています。



「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているママさんにご登録頂いています。


英語レッスンを受けさせている方もいますし、おうち英語をなさっている方もいます。


昔は英語をきちんと習得しようとするにはやっぱり留学というのが一番の王道でした。


でも、それって本当に20年以上昔の話。


今は、留学しなければ英語を習得出来ないなんてこと、ありません。


むしろ「英語習得」だけのために留学するなんて、時間とお金がもったいないなあと思います!!!


更に言うと、英語を習得する目的でに大学の「英米文学科」といったものを専攻する。


これも、時間とお金がもったいないと思います。


過去の、大学の英米文学科卒業の方に向かって言っているのではないのです。


誤解なきよう、お願いしますm(_ _)m💦


今の時代、大学で「言語を習得する」時代ではないですよと言っております。


色々な情報ツールが発達し、言語習得について様々な研究がなされ、その研究に基づいて沢山の英語教育がされてきました。


その結果、「留学」や「大学での専攻」なしに、英語を習得することが可能になってきています。


私自身も、そこに大きな可能性を感じている一人です!!!




その環境の中、今は英語勉強法に関する本もたくさん出てきています。


書店に行くと、色々な本画あります。


ネットでは、さらに色々な情報があります。


「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているお母さん方が、子どもに英語を触れさせていても、触れさせていなくても「これでいいのかしら?」という迷いが、常にありますよね。


ソングリッシュクラブの公式LINEでは、そんなお母様がたの不安が少しでも解消され、人と比べず「我が家はこれでいいだ!」と自信を持って、楽しく英語ライフを送れるように、私が厳選した本をご紹介していきたいと思います^^




これからの時代、沢山ある情報の中から自分に合うものを厳選して読み取り、そこから自分で判断して行動していく力が求められます。


「これだけやってれば絶対大丈夫」なんていうベルトコンベアーはありませんよ^^


ぜひ、一緒に色々な本を読んで学び、自分達の英語ライフをつくっていきましょう!


紹介は、こちらのソングリッシュクラブ英語教室公式LINEから行います^^



早速、8月1日(土)の晩にとっておきの1冊をご紹介する予定です。


登録してお待ち下さいね。


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!

歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


当教室では、レッスンを通して沢山の歌を使っています。


歌から入る英語には、たくさん、たくさんのメリットがあります。


今日はそのメリットを解説したいと思います^^

(1)子どもが大好き!自然と口から出てくる

(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる

(3)英語を見聞きする習慣がつく

(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ

(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる



ざっとあげただけでも、これだけ出てきます。


ちょっと解説しますね^^



(1)歌は子どもが大好き!自然と口から出てくる


子ども達、保育園や幼稚園でもたくさんの歌を歌います。


親がおどろく程難しい歌詞の歌も(パプリカとかもその類です)しっかり歌えるようになります。


楽しそうに、何度も口から自然に出てきてしまいますよね^^


英語でも同じことが起こります。


ソングリッシュクラブ英語教室では、年齢や学年に合わせた難易度〜すこーし難しめの歌を選びます。


難しすぎるかな、と思っても大丈夫。


子ども達は聞いた音をそのまま真似る天才なんです❣


それに、幼少期の英語の場合、楽しくなければやりません。


「英語をやっておけば将来有利。学校で楽出来る」なんて理屈ではやっていません。


理屈はともあれ、子どもたちが無条件に「楽しい!」と思えるのが、明るい音楽と楽しいリズムの付いた、歌なのです。


(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる


英語のレッスンに行って


「今日レッスンでやったこと、ママの前でやってごらん?」


と言った時、レッスンでやった英会話をそのままやる子っているのでしょうか?


フラッシュカードで言えた単語を言うぐらいは、するかも知れません。


でも歌は、習った英語をまるごと、何度でも自宅で練習出来ます。


練習、というか、遊びの一貫で子どもたちが自然に家で歌っているというママたちからのお声を多数頂いております^^


(3)英語を見聞きする習慣がつく


この「英語を見聞きする習慣をつける」というのは、実はとってもとっても大切です。


英語って「定着」しなければ使えるようになりません。


レッスンで「出来た!」と思ったものも、レッスンでやるだけならその場限り。


子ども達、覚えるのも早いですが忘れるのも早いんです^^;


何度も何度も英語を聞いて、声に出して、ようやく忘れないところまで定着します。


そのために、家でも何らかの形で英語に触れる事が重要なのです。


でも、お教室で使っているフラッシュカード、家でやりますか?


お教室で習った英会話、毎日親子でくり返しますか?


それも毎日???


英語の歌なら、毎日少しの時間でもかけ流すことは簡単に出来ますし、子どもたちに「英語が聞こえてくるのが当たり前」の環境を簡単に作ることが出来ます。


「宿題」として英語に触れるのは、こどもにとってつまらない義務。


宿題以外の形で、自然に英語に触れさせてあげたいと思いませんか^^


歌は遊びの延長だから、最適の教材なんです♪


(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ


よく、英語耳っていいますよね^^


英語の特徴って、LとかRとかTHとか、日本語に無い音の発音が大事と思われがちですが、実はそれよりも苦戦するのが


「リンキング」とか「リエゾン」と呼ばれる、音のつながり。


単語と単語がつながったり、音が消えたりして、聞いただけでは単語の原型が何なのか、分かりづらいのです。


でもこれ、「何かの単語に分解しないと気がすまない」大人の発送。


歌から入る子どもは、つながって発音される英語の「元の単語」なんて気にせずに、塊で聞いて、塊で歌います。


例をあげますね^^


Put it in the oven for baby and me! (Pat a cakeより)


大人がみたら「プット イット イン ジ オヴェン フォー ベイビー アンド ミー」を一生懸命繋げる作業になります。


でも子どもは


「プリリンジオヴェフォー ベビエンミ!」という音を聞き取り、

これが「僕と赤ちゃんのために(ケーキを)オーブンに入れてよ」ってことだよ、という説明で「そっかー」となります^^


つながった音を先に聞いて、言えるようになるので、それが当たり前になる。


つまり、英語耳と英語口が一度に育つということになります^^


(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる


言葉は「単語」の単品で使われることってまずありません。


どんなに短くても


Open the door


とか


Give me the banana

とか。


なので、フラッシュカード一式で “apple”, “dog”, “banana”, “sheep”って言えるようになっても、


そこから英語として使うために、It’s とか give me とか I like といった別のパーツを習って、つなげる作業が必要になります。


でも歌は、単語だけの羅列になっているものは有りません。


必ず、文章や、最低でもフレーズ(句)単位で歌詞になっています。


それをまるごと覚えて歌うので、知らず、知らずのうちに英語の構造を学び取って、文章やフレーズ単位で子どもたちの中に英語が入っていきます。


(暗示的文法学習といいます)


the itsy bitsy spider went up the waterspout♪


♪チビチビくもさん、雨どいを登っていった♪


も、「spider 」「went up 」「waterspout」といった広い語彙に触れながら、同時に文章で子どもたちが覚えてしまいます。


個別の単語をそれぞれ単語帳で覚えて、文法通りにくっつけて文章をつくるのと、どちらが早く効率的だと思いますか^^



こんな風に、ちょっと考えただけでも英語の歌から始める英語には、いいことが山程あります。



よく


「歌だけ歌っても英語喋れるようにならないんじゃない?」


というご意見も伺いますが、


・ 単語だけ習っても英語喋れるようにならない

・ 決まりきったスキットだけ習っても英語喋れるようにならない

・ 文法だけ習っても英語喋れるようにならない


のは、現在の学校英語を見ていたら分かりますよね。



(いやでも、この勉強法を経由しないと英語を勉強した(させている)気になれないという親御さんも実に多いです💦)


確かに英語の歌100%では英語を完全に使いこなすようにはなりません。


でも、英語を自由に使えるようになるために必要な、たくさんの要素が含まれていることを分かって頂けたと思います。



英語を自由に使いこなせるようになるのに、近道は有りません。


それは変わらないですが、それならば、少しでも楽しく、効率的に英語を習得していきたくはありませんか^^


そのうちの力強いツールが「英語歌」なんですよ、というお話をさせて頂きました。



長文お読みいただき有難うございます。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



結局のところ、発音をどうするべきか

結局のところ、発音をどうするべきか

こんにちは。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


日本人の英語発音については、こんな意見が両方聞かれます。


「日本人は発音を気にしすぎて、恥ずかしくて喋れないという気持ちがある。だから発音を気にせず自分の英語でどんどんしゃべるべき」


「日本人英語だと分かってもらえない。自分の英語を理解してもらえなくて、へこんで自信をなくしてしまう。だから発音をきちんとしないと!」


あなたは、どちらの考え方?


または、このどちらにも依らない考え方でしょうか^^

Mote Oo EducationによるPixabayからの画像



発音については、色々な意見があると思います。


どれか一つの正解って無いです。


私の考え方は

「発音は普段からしっかり意識して練習する。

その上で、本番のコミュニケーションの時は自分の発音を気にせずに堂々と話す」


のがいいと思っています^^


最終的に、ネイティブを目指さなくてもいいのです。


ネイティブ英語じゃなくていいけれど、しっかりと「通じる英語」になるために、日本にいる時、英語教室で学んでいる時にはしっかり発音を意識して、必要な練習を積みます。


で、英語を使う本番は細かい発音気にせず、言いたいこと言うのに集中する。


お世話になっている歌の先生が、きっちりボイストレーニングをしながら、歌の本番は細かいこと何も考えず歌いなさい、おっしゃいます。


同じだな、と思いっています^^


普段練習していれば、本番で何も発音について考えなくてもそれなりに英語らしく話すことが出来ます。


最初から「発音を気にしない!」として練習までしないのは、もったいなさすぎ!!!


英語の発音は、スポーツと同じです。


日本語で使っていない英語の筋肉を、使うための筋トレ。


スポーツも練習すれば、プロにはなれなくてもそこそこ「楽しめる」レベルにはなるのと同じで、英語だって「英語らしい発音を楽しめる」ようになります^^


子どもは発音を習得しやすいので練習は特にお勧めですが、大人だって練習すれば変わってきますよ^^


大汗かきながら、発音練習に七転八倒するのも、楽しい経験です。笑


私も留学時代、前半では「walk 」と「work」の発音が同じになっていて、通じませんでした。


workの 「or」の音を作る筋肉がなかったのです。


でも練習して work を言えるようになり、通じた時の嬉しさは、やっぱり忘れませんよ!!!


子どもは何も言わなくても、聞いた音をそのまま真似して発声し、次第に英語筋肉をつけていく力があります。


日本語OSがガチガチじゃないため、外国語の音に対する許容度も広いのです。


大人は日本語OSがきっちり出来ているため発音はそれないりに苦労しますが(笑)、楽しく取り組めば必ず変わってきます。


どうか、子どもも大人も「英語の発音だってやれば出来るようになる」という心構えで、前向きに楽しく取り組んでほしいなと思います^^


もちろん私は、目の前の生徒さんは全員出来るようになると確信して、いつもレッスンしています。



今日は英語の発音に対する心がまえのお話をさせて頂きました!


子どもたちの夏休みも近づいて来ましたね。


全国で短い夏休みのことと思いますが、親子でいい時間を過ごされますように



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



子どもが英語に「食いつく」コツを公開します!

子どもが英語に「食いつく」コツを公開します!

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

梅雨に入り、暑さは少し落ち着きましたが、庭の雑草の勢いがすごいです😂


草取りの手間を省くために、グランドカバー用にクローバーの種をまいてみました。

なかなか芽が出ずに「種ダメだったかな、、」と思っていたのですが、時がきたらひょこひょこと芽を出し始めました😊


わたくし英語脳なんで、

「あー、英語と同じだな。」って思いました😊


表面に芽が出る前に、先に種から根っこを伸ばしてしっかり根が張ってから、準備出が整った段階で外に芽が出てくるんですよね。


英語も、たくさんかけ流しをしていても、効果があるのかな?いつ自分から英語を発してくれるのかな?なんて思う時ありますよね。


でも、「この子のペースで根っこを張ってるところなんだな。」そう信じて、表面上何も変わらなくても、英語に触れさせるってすごく大事です。


子ども達の中に、英語への興味や音、情報が溜まったときに、ひょっこり外に出てきて、そのときには


「驚くほど分かってる」


と思いますよ^^



でも一方で「英語の素材(DVDやYoutube、番組)を見聞きさせようとすると、嫌がる」という話もよく来ます。


おうち英語あるあるですね😉


その原因ってなんだと思います、、、、、???




それは。


わからないから。



Oh、、、💦


身も蓋もない!

でもね、ホントそうなんです。


子どもにとって(もちろん大人だって)何かを見聞きして「分からない」ことって、すごいストレスです。


子ども達からしたら、分からないもの「英語みようね〜(ニッコリしながら強要)」とかやっても、


「いや、見てもつまらないし。なんでコレなわけ(イラ)」


ってなるのも道理ですよね💦


そのストレスを我慢し、乗り越えてまでつまらない素材を見るほど、子どもって理性的じゃないです。


「言葉が分からなければ、内容がわからないもの」


そういった映像は、言葉がわからなくなった途端に拒否られます!

でもですよ。


ということは、見るだけで分かって、見るだけで面白い。

言葉が分からなくても見てるだけで何か惹きつけられるものだったら、、、、


はい。


子どもは、食い入るように見続けます!!


こんな場面無いですか?


子どもにYoutubeを見せていて、ずいぶん静かだなと思ったら知らない間に番組を変えていて、それがロシア語だかスペイン語だか、ナントカ語だった、、


ええ〜?こんなのずっと見てたの???


そんな経験。


子どもは言葉が何であれ、興味があるもの、面白いものだったら何語でも見ます。笑


理由は、、、、、


もうわかりますね。


面白いから、興味あるから。



子ども達が、理屈抜きで好きなものって無いですか?

何語であっても、食いつきが良さそうなものって、何ですか?


・大好きなキャラクター
・車や恐竜、電車
・歌や踊り
・子ども同士が何か遊んでいる映像
・オモチャを披露する番組


うちの娘なら、、、、

・お化粧(😂 )


そんな感じで。


ものを作ったりする映像も、言葉が分からなくても見ていれば分かるので、子どもは好きですね^^

子どもさんに英語を見聞きしてほしいんだけど、嫌がるんだよね〜、、、と思ってる方は、こんな視点で、ちょっと子どもさんの好きそうなテーマに変えてみてください。


映画でも
テレビ番組でも
DVDでも
Youtubeでも


いいです。

気に入ったら、とりあえず飽きるまでずっとそれでいいです😂


同じものをくり返し見ていたら、映像に写っている情報と言葉がだんだんつながってきます。


案外「親が見てほしい」と思うものは、子どもは食いついてくれません😂

「英語の番組を楽しんで見てほしいな」


と思っている親御さん。


子どもさんの「ヒット!」に出会うまで、何種類かの素材を与えてみて、反応を見て、また探す、、、、、


子どもと一緒にそれを見つける旅をしてみるのも、とっても楽しいと思いますよ!


我が家ではこんな「意外な英語アイテムに子どもがハマった!」などありましたら、是非LINE返信で教えて下さい!


LINEメンバーさんにシェアしたいと思います😊!!


ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



きちんとお勉強する英語スクールが、我が子に合わないかも?と思ったら

きちんとお勉強する英語スクールが、我が子に合わないかも?と思ったら

こんにちは^^
松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


「これからの時代の子どもたち、やっぱり英語もできないとな〜〜〜」


そんな風に考えている親御さんはいま、とっても多いですよね。


そして、子どもさんがある程度の年齢になったら英語に触れる機会を作ろうと、英語教室を探す人も多いと思います。

その時、、、

「しっかりしたカリキュラムできちんとお勉強している学校」

が魅力的に写ったりしますか??



それもわかります。

わかりますけど、実はちょっとこんな観点からも考えてほしいんです!!!


英語を身につけるって、学校や英語スクールにいく「だけ」で完成しますか?


学校の勉強や、スクールのカリキュラムを確実に「こなす」こと、、、なんならその結果テストや英検でいい結果出して、、、英語って使えるようになっていますか?


そうでもないですよね?


与えられたプログラムを全部やったら、英語が出来るようになっているほど、簡単じゃありません。


それで英語が身に付いて使えるようになっているなら、「英語の勉強大好き!」な日本人に、もっともっと、英語が使える人が沢山いるはずです。


ここ、真面目な日本人が陥りやすい落とし穴なんです。

与えられたものを、早く確実にこなすという「典型的日本型の勉強方法」では、英語って身につかないんです!!



では、どんなやり方をしたら英語って身につくの???


それはね、

英語学校なり英語教室で学んだ結果

「英語をさらに自力で学んでいく意欲と学ぶ方法(の探し方)を身に着けている」

ようになっていたら、身につくんです^^



英語教室って、一生通うものではありません。


そして、英語教室に通っているだけでは「英語を身につけて使える」ようにならないんです!!


(本当ですよ〜〜〜!)


だって、英語教室は英語教室の世界だけ。


英語教室を出て、本当に世界に出ていった先で、どんどん使ってほしいんです!!

ソングリッシュクラブ英語教室では、レッスン中の課題にしても、家でやる宿題にしても、多くの「自由度」があります。


● 幼児さんクラスでは、講師がカリキュラムを時間できっちり区切ったりせず、子どもたちが夢中になるものがあれば、そこに沢山の時間を割きます。


● 小学生クラスであれば、レッスン時間の割り振りをみんなで考えたり、ゲームのルールを相談して発展させたり


● 宿題も「先生から言われたことをやってきた時は1ポイント」「先生に言われない事を自分で探してやってきたときは2ポイント」主体的に取り組んだ方が高得点!!!


● 中学生のレッスンでも、学校の勉強についていくだけじゃなく、最後の時間に「自分のやりたい英語」を講師と協同でやる時間を取っています。

講師から与える課題の多くは「半課題」。


子どもたちが英語の基礎を身に着けながら、自分で学び方を探して行けるように、事細かにプロセスを指定せず、生徒たちが試行錯誤する余地を残しています。


英語の歌を歌って演出を考えてビデオに残そう!

の課題の時だって、子どもたちがどんどん進んで、ビデオみて映像チェックし


「歌詞カードは持たないほうがいいね」

「カメラ目線じゃないとね」


反省点を踏まえてTake2、とどんどん進んでいきました。


子どもたちの独創性が爆発して、講師が考えるよりもずっと楽しい作品が出来上がります!!


子どもたちが面白がって色々やりたがる心と態度が身についていれば、英語だって何だって、自分から学んでいくことが出来ますよね^^


ソングリッシュクラブでは「英語を学ぶ」を通して「自ら主体的に考え、行動する子」の育成を目指しています。


幼児さんクラスに引き続き、小学生クラスも教室レッスン再開の準備をしています。


レッスン詳細と体験レッスンの日程はこちらをご覧ください^^








みんな出来てない、英語上達の確実な方法

みんな出来てない、英語上達の確実な方法


こんにちは^^

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


英語やっている子を見ていて、本当に残念、もったいないなあ〜〜と思うのは、


途中で辞めてしまうこと


英語教室に通うのを辞める子は、たいてい「英語に触れることそのもの」も辞めてしまうんですよね。


英語って、学び始めてから本当に使うようになるまでの時間がすごく長いです。


なので、途中で興味が逸れたり、生活の中の優先順位が変わったりして継続しなくなることって、とても多いです。


幼少期に英語をやっていても、途中で辞めてしまうと、見事に何も残りません。

それが本当にもったいないのです。


必ずしも英語のレッスンに通わなくてもいいのです。


気に入った英語歌のCDをかけるとか、英語と字幕でアニメ映画見るとか、、、お教室にいかなくても出来ることは沢山あるので、何か関わりを持ってほしいな、といつも思います。


実は、英語が出来るようになるために、、、、


絶対に成果につながる確実な方法があります。


それが、、、、


続けること


なんです!!!!


^^;


種も仕掛けもなくてすみません。


でも、英語ってミラクルは無いです。


そして日本人のほとんどの人が、こんな単純なことを出来ていないから英語が出来ないんです。


どれだけの人が続られないかって、、、??


周りぐるっと見渡して、英語ができない人の数だけ、続けられない人がいるってことです。


だから、「英語を続けられる」っていうのがすごーーーーく大きな力になるんです!!!

ソングリッシュクラブで幼児さんからのクラスがある理由の一つはこれです。

生活の中にあたりまえに英語がある状態をとっても作りやすい。

当たり前にあるから、頑張ることなく続けられるようになる!!


んです^^


子ども達がある程度大きくなってからでももちろんその環境は作れます。


でも小学生ぐらいになるとすでに「英語って何か別物」という意識がすでにあります。


テレビだったり、本や漫画だったり、ゲームなど、楽しいものも沢山知っています。


それらの誘惑を乗り越えるなり、英語のハードルを下げなければいけないという工程が発生する分だけ、抵抗が大きいのです。


子ども達の楽しみの幅が広がるのはとってもいい事だと思います。


でもその「楽しいこと」のなかに、英語も当たり前に入ってほしいのです^^


これが、幼少期だとぐぐっとやりやすいのです^^


「子どもには英語で苦労してほしくないけど、いつ頃から始めるのがいいかしら、、」と思っているお母さんがいたら、参考にしてみてくださいね^^

ソングリッシュクラブでは、幼児さんの教室レッスンの体験会を再開しています。


お教室で英語のレッスンを楽しむだけではなく、家庭で英語が当たり前にある生活にしていくのに必要なアドバイスも、たっぷりしていきますよ^^


ソングリッシュクラブのレッスン内容、体験レッスン日程についてはこちらを御覧ください。


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



「ネイティブ英語講師」にこだわる必要性が、ますます低くなりました

「ネイティブ英語講師」にこだわる必要性が、ますます低くなりました

こんにちは^^

ソングリッシュ英語教室の木場陽子です。


「子どもには英語で苦労してほしくない」

と思って英語教室を考える時
誰もが一度は頭をよぎる


ネイティブ講師か日本人先生か?


という疑問がありますよね。


これ、皆さんはどう考えますか?

ネイティブ先生がいいなあと思う理由も
沢山あると思います。


決して否定しません。

でも、もしネイティブ先生に習っている理由が

「ネイティブの発音を聞いて、話せるようになってほしい」

ということであれば、


今本当に、
そこでネイティブ先生にこだわる必要性って
なくなってきていると思います。


先日小学生のレッスンで早口言葉をやりました。
初めて聞く早口言葉にみんなの目は白黒!
当然、1回のレッスンでは全く出来ません。

でも、次回への課題として
以下の3つのビデオ宿題を出しました


まずは無料オンラインネイティブ先生に
優しい微笑みで教えてもらい(笑)



次に、同年代の子どもが
実際に喋っている動画で
具体的なイメージを掴む


それから、
楽しいアニメムービーで
どんどんレベルを上げていく!!

この楽しい宿題をやれば、

翌週にはどの生徒さんも
かなり上手に出来るようになって来ましたよ!!


すごい上達速度なんです^^


もしネイティブ先生に習う目的が
「ネイティブ発音を聞いて、話せるようになってほしい」
だった場合、


週1回、1時間程度
ネイティブ発音の先生に習うより、
自宅で何時間でも英語の発音を聞き、
発声してみるほうが「何倍も」効果的です。

なぜなら、
英語に必要なのは「積み重ね」だからです。
沢山聞いて、見て、口にすればするだけ
上達します。


今はありがたいことに
「リアルネイティブ先生」に常に習わなくても、
沢山の便利ツールを組み合わせて、
楽しく上達する方法が沢山あります^^


いい時代になりましたよね!!


ネイティブ先生のレッスンは
やっぱり少しお高め、、、
の傾向があります^^;


一つのアイデアとしては、
ネイティブ先生にこだわらないレッスンを選び、
浮いたお金で将来、
家族で英語を使う海外旅行やホームステイに行く!


なんていうプランもいいと思いますよ!


英語のレッスンではなく、
リアル英語の世界を体感することは、
子どもたちにとって格別の経験となります!

ソングリッシュクラブ英語教室では、教室レッスンと良質な英語素材、沢山の便利ツールを組み合わせて、英語を習慣化し、ぐんぐん英語が身につくレッスンを展開しています^^


パワフルに子どもたちが英語に取り組むレッスンに、是非遊びに来てくださいね





「学校英語」が大学受験に翻弄される中で、何をするべきか?

「学校英語」が大学受験に翻弄される中で、何をするべきか?

こんにちは^^

ソングリッシュクラブの木場陽子です。


先週金曜、
2020年度の大学入試において
英検などの外部試験を
大学入試の合否判断に使う
仕組み導入が延期になりましたね、、、!



2020年度からの教育改革が叫ばれて久しいですが
その核となっている大学入試が迷走しています。


これまでの構想どおり
英語の外部試験結果を
大学入試の合否判断に使う方向であれば

来年始まる「大学入学共通テスト」で
大学入試センターが用意する試験は


リーディング 100点
リスニング  100点
合計 200点



というものが用意される事になっていました!!


え?これだけ「4技能」「4技能」って叫んでるのに???


書くこと、話すことは
外部試験の結果を採用する予定のためです。
(まるっと、丸投げの構図です)


リーディングも、
かつてのセンター試験に含まれていた
穴埋め、文法、アクセントといった
単発項目はなくなり
長文を読んで、内容把握の問いのみ、と。


なかなかドラスティックな改革です💦

しかし。


外部試験結果を反映する仕組みがなくなると、

「共通テスト」

の内容も当然変わってきます。


どのように変わるのか?
いつ決まるのか?



それによって、
高校生が勉強する英語の内容が変わります

それによって、
中学生が勉強する英語の内容が変わります

それによって
小学生が、、(以下同文)

日本の学校英語は「大学入試」を基準に
それ以下の学校で「何をどのぐらい」やるかが
決められています。


その「大学入試」が迷走している今
それ以下の学校での英語教育も


「一緒に迷走する」
か、
「とりあえず旧態依然」


どちらかです。

どちらがいいですか^^

どちらも嫌ですよね!!!!
なぜなら、
どちらも「英語出来るようになりそうもない」
から^^;


我が子はその迷走の犠牲になってほしくない!!
そう思いませんか^^




子どもたちには、

受験英語や学校英語に振り回されず
本当に使える英語力を身につけてほしい


そして
それを身につけていれば
学校英語や受験英語がどうなろうと


大きな問題ではない
=問題なく対応できる


そんな状態を目指してほしいと思っています。

そしてそのために出来ること!!



小さいうちから沢山の英語に触れる。


英語も何となく聞き覚えがある
歌なら英語で何曲か歌える。


こういうところから入るのが
とても有効です。

子どもたちの
「英語の壁」をぐぐっ〜と下げられます!!


言語習得理論からいっても
まずは耳から大量のインプット。


これが絶対に必要とされています。


週1回、英語レッスンに行っているのは
「大量インプット」と言えませんよ^^;


子どもたちの聴力に柔軟性があるうちに!!


子ども聴力は6歳で85%
11−12歳で完成とされています!


つまり、小学生は英語を聞き分ける耳を
作るのにギリギリセーフなタイミング!


我が子たちも、
英語番組を見慣れて平気で1時間、2時間
英語だけの番組見ていますよ。


子どもの柔軟性ってすごいなと思います!



本当に使える英語力をつけて
受験英語も怖くない!



その土台作りの第1歩は
今日から始められます^^


Youtube試聴動画のお勧めを
もらいそびれたけど
やっぱり気になる〜!
な方は、遠慮なくお返事くださいね!


ではまた^^






「英語を知っている」けれど「使えない」典型例はこれ

「英語を知っている」けれど「使えない」典型例はこれ

こんにちは^^

ソングリッシュクラブの木場陽子です。


「最近英語頑張っている」息子の反応


前回のブログは「災害時の英語」
特集でした^^


今回はオランダ&ベルギーからの
お客様がらみで
もう一つの注目案件!


「最近英語頑張っている小3息子の反応」

についてお話しますね^^



最近、小3息子が英語をやりたーい!
ってなっていて、

「ラジオ基礎英語1を毎日欠かさず聴く」
「英語の本を音読」
「Youtubeで英語動画を視聴」



などなど、色々楽しんでやってるんです^^

そんな英語熱がホットな状態に、
海外ゲスト、きました〜〜〜!


オランダとベルギーからの女子大生^^


その女子大生に、
「英語ホット息子」はどんな態度したでしょうか?


クイズ!!!

(1)最低限の挨拶のみで知らんぷり
(2)練習している音読を披露してみせた
(3)母に「●●って英語で何ていうの?」と確認して英語コミュニケーションを頑張って試していた




さて。

何を選びましたか??




そして、正解は!!!!

。。。。。




なんと!!!!





(1)最低限の挨拶のみで知らんぷり





でした!!!😂


ずっと一人の世界でマンガ読んでました〜〜〜



息子よ!!!
母の予想を超えていこうよ!!!(笑)


いやいや💦


うちの息子。
良くも悪くも「典型的な日本人」タイプ。
マジメで努力家。
完璧主義なとこ、あります。


英語もしかり。
完璧に理解出来ない会話には
入ろうとしない。


下手かもしれない英語は
少しも披露いしない!!


日本人あるある💦

でもね。

だからこそ、
こんな息子と英語の組み合わせは
必要だと思っています^^


そして、
皆さんとシェアする価値も。


超イケイケで
英語大好き、発音もいいし、
片言でもガンガン喋る。


だったら
「やっぱり英語の先生の息子は違いますね!」
で片付いてしまい、
参考にならないですよね。


身も心もごく普通の日本人が
英語をどうやって身につけて
使えるようにしていくか。



私達が目指すのは
そこだと思っています^^

だから息子も、
時間かけていくつもりです。


幸か不幸か、今すぐ英語は必要ない。
必要な時に使えるようになっていればいい。


英語を使うには、
息子を見てもわかるように
「英語を知ってる」だけじゃ足りないんです。


・知らない人と話したいと思う「好奇心」
・下手でも喋ってみようかなと思う「勇気」
・ちょっと無理めな事をやってみようという「意欲」



そういうのをね、
英語を学びながら
並行して育てて行きたいですね。


だからこれを育てるには、
今回のような場面で無理やり親が
「ほら!●●って英語でいいなさい!」
っていうのは逆効果。


「自分でやりたいと思ってやる」
そこまで待つことが絶対条件。



親の仕事の多くは「待つ」「見守る」
だなってよく思います^^


番外編。お気楽女子のケース


一方で、特に英語頑張るわけでもなく
今の所英語に付かず離れずの5歳娘。


もちろん、
家の中ではある程度英語を見聞きして
私の英語レッスンにも一応来てます。


兄の英語を横っちょでいつも聞いてます。


そんなお気楽娘は
このようにノリで英語楽しんでます。笑


臆せずお客様に
「この本読んでー」を意図する
「笑顔と無言」で本を差し出し
しっかり相手してもらってます。笑



お気楽ぶりが羨ましいですね。


娘はどんな英語コースをたどるのか。


兄と違う展開になると思いますが


個人の特性と興味を生かして
英語と関わらせていく。



そのスタンスは兄も妹も変わらずで
進めていく予定です^^


See ya!







英語の吸収力を3倍アップさせる秘策を公開!

英語の吸収力を3倍アップさせる秘策を公開!

小3息子、文字読みゼロから
英語の音読を1ヶ月で100冊できるようになった
息子の状況をシェアしています^^


その1:文字読みゼロから1ヶ月で音読100冊の手順(その1)

その2:文字読みゼロから1ヶ月で音読100冊の手順(その2)


順調に立ち上がっているように見える息子の文字読みですが、もちろんつまづきもあります。

そのつまづきを紐解き
吸収力3倍になるポイントを
シェアしますね^^

息子のつまづきポイントと原因


息子の英語音読、
何度も同じ読んを読んでいると

「すぐにスラスラ読める語句」

「読むのに時間がかかる語句」

にしっかり分かれてきます。
その原因も、明らかです。


例えば
息子がレベルAで最後まで
苦戦したのはこのページ。


文字を見ても、
英語の音が全く思い出せない日が
何日も続きました。


理由は簡単です。

「聞き馴染みが無いから」

「文字読みを始める前の英語力」
で書いたように、息子は

「リーディング:なし」
「ライティング:なし」

英語=生活・遊びの中にあるもの
でした。

つまり、私から

Read
Write
Learn

の単語を聞いたことがなかったということ!


面白いように、読めない、覚えられない
!!!

反対に、聞き馴染みのある言葉は
一度読めると
「あー、あれってこう書くんだ!」
と納得。

すぐに読んで覚え、
文字を見て迷いなく単語読み。
そのページの英文暗記もスグ。


その差は、歴然です!!


覚えるスピード、
圧倒的に違います!!!



それもそのはず。

英語を読むときに、
聞き馴染みのある言葉は

・音
・その言葉の意味のイメージ

が脳内に既にあり、
新しい「文字」情報を入れるだけ。

追加情報「1」です。


でも、聞いたことない言葉は

・音
・意味
・文字

全ての情報が新しいのです。
情報は3倍。

少なく見積もっても、
3倍の労力が必要なことは
はっきり分かりますよね^^

英語の吸収力を3倍にする秘策


なので、タイトルには
「英語の吸収力を3倍にアップさせる秘策」
と書きましたが、、、、、

実はマル秘でもなんでもなく。

いつも言っていること。
(すみません)


先に沢山聞いておきましょう!!!!


という話^^


第2言語を効率的に習得るすには
まずインプットを音から。
しかも大量に。
これが「絶対条件」であることは
科学的研究からも明らかにされているんです^^


単語カードを上手にリピートアフターミー
するんじゃないんです^^


子どもさんには、
あとから圧倒的な吸収力、
発揮してほしくないですか??



そのためには、
何よりもまず、英語の「音」を
たくさん与えてあげましょう。


小さい頃から始めるのは
「時間」が味方してくれます。
大量の音も時間をかければ
あげられるんです。


しかも、そこで培った
「英語を聞く力」は一生使える!


試験が終わってもなくならない!笑


時間の投資価値、
あると思いませんか^^


聞くことのいいところは、
どんな小さい頃からでもでき、
「ながら聞き」など
まとまった時間や努力なくても
出来ることです!!


いま、ネイティブ発音の
英語素材も山程あります。


お母さんの英語力
関係ありません^^


出来ない理由、ありませんよね^^


ぜひ、生活の中に取り入れてみてくださいね^^


子供さんの英語吸収力
「3倍アップ」ですよ!!!



他のつまづきポイントは日本人の典型的なアレ



息子のつまづきは、まだありますよ^^


それは
ズバリ。

「日本語発音」

です!!

これをどう考えたらいいか?


次回またシェアしますね^^



リスニングを取り入れたいけど
何からやっていいか分からない

どんな素材がいいのか?

聞いてみたい方はLINEで
お気軽に、ご質問くださいね^^







Scroll Up