カテゴリー: 英語について

なぜレッスンで固定の教科書を使わないのか。

なぜレッスンで固定の教科書を使わないのか。

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


ソングリッシュクラブ英語教室では、レベル別の英語の教科書を使って順番に学んでいく、というやり方をしていません。


何故でしょう? 


理由はいくつかあります。

1)これまでの日本の英語教育で「簡単→難しい」の順に並んでいる教科書を使って勉強してきて、日本人が英語が出来ないままで終わっているから

2)それでもいずれ学校に入ればもれなく「簡単→難しい」の順に並んでいる教科書で勉強できるから

3)教科書で順を追って英語を学ぶ前に「ある状態」を作っておきたいから


言語の習得は、ピアノやスポーツの習い事と少し違います。


簡単なものから積み上げてだんだん難しいものを習得していくという順序をたどりません。


難易度に関わらず、使う頻度の高いもの、何度も何度も、回数触れているものから習得していきます。


逆に言うと、何度も触れて使っていかなければ、自分が使える形で言葉を習得することは出来ません。


色々な類似の表現に何度も触れる

前に出来なかったこと、わからなことが分かる時がくる

理解の幅が広がる

表現の幅が広がる


という状態が螺旋状に連続して、発達していきます。


一定のシリーズの教科書に沿って学習を進めていると、どうしても「後戻りして同じものに何度も」触れることが難しくなります。


シリーズものの教科書を順番にやっていたら、Leve1、Leve2と進んだ後、Level1の内容に戻りにくいじゃないですか^^;


(それで日本人は最後まで三単現のS、動詞の時制、a / the, 前置詞が苦手)


それで直線的に「英語を勉強」しているだけなので、使える言語として身につかないのだと考えています。


ソングリッシュクラブに来る生徒さんは、未就学や小学校低学年など、早い段階で学びに来てくれる方がほとんど。


英語の習得に時間をかけられる子たちはまず、


色々な種類の英語に何度も触れて、理屈ではなく「英語のリズムや語感、場面ごとでの使われ方」を掴んでもらいたいと思っています。




それが将来、英語をコミュニケーションツールとして使っていく中での、とても大切な基礎固めとなります。


この状態になってから学ぶ学校の「教科書英語」はとても意味があります。


頭の中で感覚的にとらえている英語を、整理・消化して、自分のものとして取り出して使うための環境整備になるのです。



また、乳幼児期、学齢期の初期は物事を順序立てて理解して覚えることより、言語全体を感覚で捉える能力が優れています。


(そのようにして日本語も習得している真っ只中だからです)


乳幼児期、低学年期はぜひ、「体型立てて英語を学ぶ」ことにとらわれず、


たくさんの単純な英語に何度も触れて、「英語ってなんとなくこんな感じ」の感覚をできるだけ育てていきたいと思っています。


日頃このように考えてレッスンをしていますが、最近「ドハマリ」(笑)しているYoutubeチャンネル「Kevin’s English Room 」でとてもいいビデオがあったのでご紹介します。


おうちで取り入れられそうな取り組みも紹介されているので、是非聞いてみてくださいね^^





無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム

無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


新学期が始まったところが多いでしょうか。


ご入園、ご入学、ご進学おめでとうございます。


コロナ禍とはいえ、新年度はやっぱり気が引き締まって新たな気持になりますね^^


今年こそは英語頑張ろう!


毎年(笑)そんな気持ちになる方もいると思います。


でも、何かを継続するのって本当に大変です!


継続、お休み、継続、お休みを続けながらも長期に渡って接し続けるのが大事なので、「毎年ごとの一念発起」でも全然いいと思います♪



私も今年は息子が小学校5年生になり、小学生生活も後半。


身体能力、知的能力ともに上がってくる年代なので、どんな変化を見せてくれるのかと楽しみにしています^^



英語もしかり。


小学校5−6年までにある程度基礎的な英語力をつけたり、英語の音に親しんできた子どもさんは、ここでぐぐっと伸ばすことが出来る年代です。


親が影響できる「最後の2年(涙)」と思って、子どもさんの取り組みを応援してみてはいかがでしょうか^^


無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム



お家で英語に親しむアイテムとしてやっぱりいいなあ、と思うのは、こちらの英語カード。


ある程度英語の音に慣れ、読む力が少し付き始めている子どもさん向けです^^


AGO Q&A オレンジ レベル3 第2版 英語 カードゲーム


写真はレベル3ですが、もちろんレベル1から始めて構いません。


でも写真をレベル3にした理由は、レベル3になると

・質問内容や答えから会話を広げやすいトピックになっている

・会話でスマートに使えたら嬉しいWouldを使った表現が色々

・理屈で考えず慣れて感覚を掴んでほしい現在完了形のあれこれ


といった利点があり、英語らしい表現により多く親しめるというおすすめポイントがあります^^


英語はどうしても「繰り返し使って定着させる」ことが必要です。


でも子どもたちのスマホやタブレットと違って「なんとなく面白いから四六時中触っていて勝手に覚える」と、なってくれません^^;


本当は、そうあってほしいのですが。。


でも、ゲームとなると一気に「退屈なリピート練習感」が薄れます。


子どもたちはゲームに焦点が合っているので、「またHave you everか〜〜!何回目!」なんて言わずに自然に何度も繰り返します。

海外からゲストが来たときも、このAGOカードで子どもたちも自然な英会話。(2019年)



英語力の向上のためにゲーム内で工夫するなら

・英語の質問に対する答えを隠して言ってもらう
・その答えに誰かがWhy?と突っ込む
・カードの質問への答え以外に追加で色々喋って(主に先生)何を言っているか理解してもらう


といったアップグレードも出来ます。


ある程度英語が出来る大人と一緒にやるのがいいかもしれませんね^^


本当は、英語教室などで時間を決めずに延々とこのカードで遊び続けたら、一気に相当の読みと会話力がつくと思います^^


私の英語教室でも、レッスン日とは別に、


「英語カードでひたすら遊ぼうデー!」


とかが出来たら嬉しいなと思っていますが。。。。


興味ある人〜〜!手を上げて〜〜〜!(笑)



英語はやっぱり、「触れる量」がものを言います。


どこかで量を稼がないと、どんなに長期間やっていても、いいレッスンに通っていても、目に見えた変化が出づらいものです。


その意味で、ある一時がんばって量を稼ぐのは、とっても効果的だし、子どもたちも自分の変化が感じられて、やる気が出ると思います^^


今英語のレッスン以外でも英語に触れられるツールやゲームが沢山あるので、是非活用して


「今年こそは、英語を頑張る!」を実現しましょう!!









AI英語アプリLingo Champを使いながら英語学習の本質に迫る

AI英語アプリLingo Champを使いながら英語学習の本質に迫る

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


先日公式LINEで「今月はこのアプリを使ってAI学習してみます!」とお知らせしたのが


Lingo Champ


英語学習ツールも日進月歩。


「個人の強み・弱みに沿って習得しやすい学習プログラムを逐次提供する」なんていうのは、AIの得意とするところかもしれません。


もしそれで学習が進むのであれば、どんどん活用したいですよね!


日本における英語習得に近道はありませんが(笑)、自分に合う方法を取るかどうかで成果や上達スピードは変わると思います。


選択肢が沢山になって、いい時代になったなと思います。


英語教室になんか行くよりアプリ経由で学んだほうが早くて確実であれば英語教室に人は来なくなります。笑


でもそれで、日本人がみんな英語できるようになったらいいじゃないですか。


私は英語の先生やめて、次の仕事考えます♪



それはともかく、AIアプリを使ってみた今の所の感想。


●メリット

・ 日本人が苦手な発話のトレーニングが沢山ある
・ 幅広いトピックで、まんべんなく英語力を磨いていける
・ リスニング、作文、発音指導が充実している
・ レベルテストの結果のUnitから始めるので、「難しすぎず、簡単すぎないトレーニング」レベルをキープして、やり甲斐を感じられる
・ 1日数分など少しの時間でも英語に取り組む事ができる


●デメリット

・ 長文を読むようなエクササイズはないのでリーディング力向上は疑問
・ 全てのトレーニングに制限時間があり、集中してやらないといけないため(当たり前?)ながら勉強は出来ない
・ プッシュ機能は弱く、取り組むかどうかは自分の意思次第
・ 発音チェックはかなり厳しく、凹む可能性がある
・ AI先生との英会話はどこか用意された会話であり、イマイチリアリティがない


そんなところです!


ある程度英語力があって、それを伸ばしていきたい学生さんや社会人の方にはいいと思います。


英語スターターの幼児さんや、なかなか自分(だけ)のために時間を割けない、使いたい英会話も限られているママさんは、このアプリじゃなくてもいいかな?


と思いました^^


でも本当に、こういう便利ツールを目にしていつも思うのは、


「結局、やるかやらないかは自分次第」


というところです。


どんなに高機能のAI先生がいてくれても、自分が「やるぞ!」と思って日々取り組みの時間と労力を割かなければ、学びは進まないことを実感します。


それは、学びの場がアプリでも、オンライン英会話でも、教室の英語レッスンでも同じだなと思います。



本人の中にどれだけ「やるぞ!」「もっと出来るようになりたい!」という心の火がついているか?ということです。


私もリアル先生として、目の前で「英語を教える」はもとより、


どうしたら子どもたちが「もっと出来るようになりたい!」と思うか?


学校や習い事を離れても自ら学び続ける気持ちや能力を持てるか?


を、常に考えています。


本当に結果を分けるのは、学校でも塾でもシステムでもなく、本人の心ですよね。



英語講師の立場でも、親御さんの立場でも

子どもたちがどうやったら自ら進んで英語に向かっていってくれるかな?

その仕組みを考えるのが意外と「一番重要」じゃないかと思っています^^



そこは、AI先生は解決できませんね^^


私も、常に考え、実践し続けていきたいと思っています。


最後までお読み頂いてありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子





小学生は、英語で自己表現!

小学生は、英語で自己表現!

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブで使用しているCTP絵本は、自然な英語の感覚が身につくだけでなく、簡単に応用して英語で自己表現できるようになる優れた教材。


子供の英語というと簡単な質問に英語で答える「英会話」を想像するかもしれませんが、決まりきった質問に定型文で答える英会話は、いつでもできるようになります^^


それに、2020年に改定された小学校5−6年用の英語の教科書がそんな内容でした。


・色や数字、好きなスポーツなどの話

・誕生日やショッピングに行くなど簡単で典型的な英会話


学校で習えるものは、習ったら良いと思います^^


学校外のレッスンでは、学校英語の先取りをするのでつまらないですよね。


「学校英語を吸収しやすくする素地」を作ったり、「学校英語では手が回らない、リスニングや英語を使ってみる」経験を積むのが良いと思っています。


今月は「Under the Sky(空の下には何がある?)」という本を使って、自分の世界を表現してみています♪


全部こちらに出せないのが残念ですが、みんな「Under the sky 〜」の問いから始めて、とっても面白い展開を見せてくれます!!!


小学生ならではの自由な発想!!!


英語を感覚で理解して、自分なりに使ってみる。


こういうのを面白がってできるのが、小学生の特徴かなと思います^^


動画に撮ることで、生徒たちもただ「リピートアフターミー」するよりピリッと練習し、覚えます^^



生徒さんによっては動画の演出も考えたりして(現代っ子ですね^^)



楽しく学んでいます^^



今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子









音声学習の最大のメリット!【一般編】

音声学習の最大のメリット!【一般編】

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


12月のブログチャレンジ中です!


今日は、なぜ今回のブログチャレンジを音声にしたか?

それは、音声学習に私自身が大きなメリットを感じているから♪

という話をしました。



今日もお聞きいただきありがとうございました!



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!








子ども達が意欲を駆り立てられる言葉がけ

子ども達が意欲を駆り立てられる言葉がけ

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


子どもたちにいつもやる気を持って英語に取り組んでほしいなあ〜というのは親御さんの同じ想いだとおもいます!


でも、子どものやる気もペースも変動型で、、、、💦


そんなことも多いですよね。


子供さんのやる気アップの作戦として、

英語に少しでも取り組んだら、親が「すごい!すごい!」「上手だね!」といって褒める。



これは常套手段(笑)ですね。


子どもさんを褒めるのは間違いなく効果あり、今すぐ出来ますでどんどんやりましょう!


今日は「褒める」以外に子どもさんの鼻息が荒くなり、やる気アップの言葉がけをお伝えしたいと思います。


何種類かを使いこなして子どものやる気をくすぐりながら、楽しく継続出来るといいなと思います^^

子どもさんのやる気をくすぐる効果的な言葉がけ



色々な言葉がけがあると思いますが、我が家でよく使用して効果を実感しているフレーズ集です。


あ、でも形式的に使うのではなく、本気で使ってくださいね♪


(1)驚く

子どもさんにとって「褒める」を超えているのが「驚く」かなと思います^^


喜びながら驚く、心底意外という感じで驚く、、などニュアンス応用も色々。笑


「えっ!いつの間にそんな言葉覚えたの!」


「えっ!今日もまた英語やるの?3日連続?!うわすごーいっ!!!」


「わあ!英語の先生に(英語の国の人に、CDの音に)そっくりだね!!」


などなど。


これって「ママ・パパの予想を超えている」ということなので、子どもさんにとっては「えっへん!!」となる瞬間です。


本当に、子どもたちの成長には驚かされる瞬間がたくさんありますので、そんな時はぜひ、言葉にしてその驚きを伝えてあげて下さい^^



(2)ママが●歳の時はできなかった


英語を見ても、聞いても、話しても、確実に言えるのは、私達親世代からしたら


「こんな小さいのにすごい!自分は出来なかった!」


というのはあると思います。


だから本気で言えるのですが


「ママが6歳(など、子どもさんの年齢)のときこんな事全く出来なかったよ!/ 英語なんか知らなかった!/ 自分から英語学ぶなんて考えても見なかった」


など、子どもさんが出来た事を引き合いに、自分の時とは全然違う!を強調します^^


子ども達にとって「大好きなママを超えてる」というのは、鼻の穴が大きくなる瞬間ですね^^


自分がやっていることが「なんかすごいことなんだ」って思えたら子どもさんたちも自信持って頑張れちゃいます♪



(3)それは●歳程度、そんな〜歳いない

子どもたちの英語への取り組み、続いているだけで素晴らしいのですが、その凄さを子どもたちがいまいち実感していない時もあります。


そんなときは、子どもたちが想像出来る「お兄さんお姉さん」を引き合いにして「凄さのレベル」を実感してもらう方法があります。


「うわっ!そんな英語知ってるなんて15歳の中学生レベルだね!!」


「こんな英語の本を楽しく見てるなんて、13歳の子でもやってないよ!」



なんて^^


日本ではまだ「英語出来る=中学生以上」の雰囲気があるので、●歳レベルの設定は適当に中学生程度でOK!


また子どもさんたちが想像出来る「大きい人」もそのぐらいでしょう。


子どもたちが「自分の年齢並み以上のことを出来ているんだ!」「あの中学生のお兄さん、お姉さんがやっていることをもう分かっているんだ」と理解するのは自信に繋がります。


英語を楽しむことも大事ですが、「自分がやっていることに自分で誇りを持つ」こともとっても大切なやる気維持の原動力です^^


あとは、同年代との比較なのでそこまで頻繁に使いませんが


「こんな英語知ってる●歳(6歳など子どもさんの年齢)、なかなかいないよ」


といった表現も効果があります^^


これは、あんまりやりすぎてクラスで嫌な子になるのも心配なので、多用しませんが。


時々、そっとささやきます。笑



いかがでしたか^^


皆さんの親子の会話でも自然に使っている表現があったかもしれませんね^^


もし他に「我が家ではこんな言葉がけで子どもたちは大喜びだよ〜〜!」なんていうのがあったら、是非LINEにお返事ください💖


今日もお読みいただきありがとうございました!



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子







子どもたちが「こんな状態」だったら英語をぐんぐん吸収しますよ!

子どもたちが「こんな状態」だったら英語をぐんぐん吸収しますよ!

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


子供たちのレッスンでとても大事にしていることの一つは

気持ちをリラックスさせること



英語って、よくわからない音の羅列です。


聞いただけでは意味不明。。。。


わからないもの=難しい、怖い、心配、、、、


そんな気持ちを引き起こします。


「自分だけ分からなかったらどうしよう???」


「なんか難しそうで嫌だな、、、」



子どもたちだって、どこかでそんな事を感じています。


なので、レッスン前に早くついたら思いっきり枕投げしたり、自由に遊んでもらいます。笑


で、レッスン始めよっか〜〜〜、と言ったらこんな😂😂😂


お嬢さん、おぼっちゃん、くつろぎすぎじゃーないですかね!笑


でもですね、これほんとうに大事なんです!


何かわからないものに接して吸収していこうとおもったら、心からリラックス、ワクワク、ドキドキしていないとね!!

ソングリッシュクラブ英語教室にくる子たち


「今日は何して遊ぼうか!!」


っていう気持ちで来る子がとっても多いです^^


(えっと、幼児さんのみならず、小学生さんもです😂)


そしてその心の状態こそが、そこから始まる英語レッスンの吸収力を格段にアップさせるんです!


なので、レッスンが始まったらこの通り!


一生懸命に先生の話を聞いて、トライしています😆



くつろぎすぎている姿も、しっかり先生の話を聞いてトライしている姿も、どちらも大好きです^^


これが、教室入った端から


「ハイ、皆さん席について〜〜〜。前回のミニテストから始めます」


とかなっていたら、どうですかね???


頭に入っているものもスムーズに出てきません^^


楽しい気持ちで「やるぞ!」ってなってこそ、学びの目と心が開くということです^^



子供たち、そういう状態にさえなっていれば大人がびっくりするほどのスピードで学びます。


「子どもだからこれくらい、、、」なんて予想を遥かに超えてきますよ^^



そんな風に、子供たちが嬉々として英語と戯れている姿が見られるレッスンの詳細はこちらにあります♪



子供たちの無限の可能性を楽しみましょう^^


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!





日本人は英語の「読み書きしか出来ない」のウソ

日本人は英語の「読み書きしか出来ない」のウソ

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


日本人の英語力って「読み書きしか出来ない」とよく言われますが、英語に悩む中高生を見る限り、

それって完全に、ウソです(汗)



なぜかと言うと、英語に悩む中高生で


・長文問題が一番ラク!!

・英作文なら出来るけど、他が、、、、



なんて言う人、いないからです!


これって、英語の「読み書き」ですよね???


でも、「コレしかできない」なんて学生さんはいなくて、むしろ一番の苦手分野になっています。

「日本人は読み書きしか出来ない」の真相は、


「学生時代に勉強英語で困ってなかった人(つまりお勉強が出来た人)」が大人になって、過去の記憶で「読む・書く」をギリギリやる。


と言ったところ。


「読み書きならなんとか、、、」と今言っている大人だって、学生の頃は文法や並べ替えの達人だったかもしれませんが、長文・英作文大好きっ子だったとは、、、ちょっと思えません^^;

これが何故起こっているか。


理由は簡単。


英語を学ぶ方法が、戦後75年間変わっていない


(1)単語の意味を知る
(2)文法を習う
(3)その単語の知識と文法知識を合わせて英語を読み、日本語にして理解する


という、いわば

「勉強の苦労を味わいながらながら、英語が絶対に身につかない悪魔の勉強法」

で勉強しているからです^^


あ、この命名は私ではありません。


夫が命名しましたが、なかなかのネーミングセンスだと思います。笑

そこでソングリッシュクラブ英語教室では、この悪魔の勉強方法に依らない学び方を採用しています。


これも、私が勝手に提唱している独自の英語習得方法ではなく、日本以外の国では当たり前に実施されている学び方です。


お隣の韓国なんか、グローバル・スタンダードの英語習得法でどんどん国民の英語力をアップさせています!


ソングリッシュクラブ英語教室の学びは

(1)まずは英語の音を大量に聞き、口にして英語を耳から吸収する


(2)ごく簡単な英文を繰り返し音読して英語を英語のまま理解出来るようにする


(3)次第に読める幅を広げていって英語の文章をどんどん読めるようにする


といった順序で進めます。


英語を


・ 聞いて理解できる
・ 読んで理解出来る


であれば、学校のテストが大好きな穴埋めや並べ替え、読解問題も自然とできるようになっています^^


なぜなら「英語が出来るから」です^^


英語が出来れば、テストは出来るんです。


逆は必ずしも真ならずです。笑



留学なしで「英語ができる」ようになるソングリッシュクラブ英語教室のレッスン詳細はこちらから^^



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブ英語教室では、このブログの他に「公式LINE」で英語教育に関する情報をシェアしています。



「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているママさんにご登録頂いています。


英語レッスンを受けさせている方もいますし、おうち英語をなさっている方もいます。


昔は英語をきちんと習得しようとするにはやっぱり留学というのが一番の王道でした。


でも、それって本当に20年以上昔の話。


今は、留学しなければ英語を習得出来ないなんてこと、ありません。


むしろ「英語習得」だけのために留学するなんて、時間とお金がもったいないなあと思います!!!


更に言うと、英語を習得する目的でに大学の「英米文学科」といったものを専攻する。


これも、時間とお金がもったいないと思います。


過去の、大学の英米文学科卒業の方に向かって言っているのではないのです。


誤解なきよう、お願いしますm(_ _)m💦


今の時代、大学で「言語を習得する」時代ではないですよと言っております。


色々な情報ツールが発達し、言語習得について様々な研究がなされ、その研究に基づいて沢山の英語教育がされてきました。


その結果、「留学」や「大学での専攻」なしに、英語を習得することが可能になってきています。


私自身も、そこに大きな可能性を感じている一人です!!!




その環境の中、今は英語勉強法に関する本もたくさん出てきています。


書店に行くと、色々な本画あります。


ネットでは、さらに色々な情報があります。


「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているお母さん方が、子どもに英語を触れさせていても、触れさせていなくても「これでいいのかしら?」という迷いが、常にありますよね。


ソングリッシュクラブの公式LINEでは、そんなお母様がたの不安が少しでも解消され、人と比べず「我が家はこれでいいだ!」と自信を持って、楽しく英語ライフを送れるように、私が厳選した本をご紹介していきたいと思います^^




これからの時代、沢山ある情報の中から自分に合うものを厳選して読み取り、そこから自分で判断して行動していく力が求められます。


「これだけやってれば絶対大丈夫」なんていうベルトコンベアーはありませんよ^^


ぜひ、一緒に色々な本を読んで学び、自分達の英語ライフをつくっていきましょう!


紹介は、こちらのソングリッシュクラブ英語教室公式LINEから行います^^



早速、8月1日(土)の晩にとっておきの1冊をご紹介する予定です。


登録してお待ち下さいね。


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!

歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


当教室では、レッスンを通して沢山の歌を使っています。


歌から入る英語には、たくさん、たくさんのメリットがあります。


今日はそのメリットを解説したいと思います^^

(1)子どもが大好き!自然と口から出てくる

(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる

(3)英語を見聞きする習慣がつく

(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ

(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる



ざっとあげただけでも、これだけ出てきます。


ちょっと解説しますね^^



(1)歌は子どもが大好き!自然と口から出てくる


子ども達、保育園や幼稚園でもたくさんの歌を歌います。


親がおどろく程難しい歌詞の歌も(パプリカとかもその類です)しっかり歌えるようになります。


楽しそうに、何度も口から自然に出てきてしまいますよね^^


英語でも同じことが起こります。


ソングリッシュクラブ英語教室では、年齢や学年に合わせた難易度〜すこーし難しめの歌を選びます。


難しすぎるかな、と思っても大丈夫。


子ども達は聞いた音をそのまま真似る天才なんです❣


それに、幼少期の英語の場合、楽しくなければやりません。


「英語をやっておけば将来有利。学校で楽出来る」なんて理屈ではやっていません。


理屈はともあれ、子どもたちが無条件に「楽しい!」と思えるのが、明るい音楽と楽しいリズムの付いた、歌なのです。


(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる


英語のレッスンに行って


「今日レッスンでやったこと、ママの前でやってごらん?」


と言った時、レッスンでやった英会話をそのままやる子っているのでしょうか?


フラッシュカードで言えた単語を言うぐらいは、するかも知れません。


でも歌は、習った英語をまるごと、何度でも自宅で練習出来ます。


練習、というか、遊びの一貫で子どもたちが自然に家で歌っているというママたちからのお声を多数頂いております^^


(3)英語を見聞きする習慣がつく


この「英語を見聞きする習慣をつける」というのは、実はとってもとっても大切です。


英語って「定着」しなければ使えるようになりません。


レッスンで「出来た!」と思ったものも、レッスンでやるだけならその場限り。


子ども達、覚えるのも早いですが忘れるのも早いんです^^;


何度も何度も英語を聞いて、声に出して、ようやく忘れないところまで定着します。


そのために、家でも何らかの形で英語に触れる事が重要なのです。


でも、お教室で使っているフラッシュカード、家でやりますか?


お教室で習った英会話、毎日親子でくり返しますか?


それも毎日???


英語の歌なら、毎日少しの時間でもかけ流すことは簡単に出来ますし、子どもたちに「英語が聞こえてくるのが当たり前」の環境を簡単に作ることが出来ます。


「宿題」として英語に触れるのは、こどもにとってつまらない義務。


宿題以外の形で、自然に英語に触れさせてあげたいと思いませんか^^


歌は遊びの延長だから、最適の教材なんです♪


(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ


よく、英語耳っていいますよね^^


英語の特徴って、LとかRとかTHとか、日本語に無い音の発音が大事と思われがちですが、実はそれよりも苦戦するのが


「リンキング」とか「リエゾン」と呼ばれる、音のつながり。


単語と単語がつながったり、音が消えたりして、聞いただけでは単語の原型が何なのか、分かりづらいのです。


でもこれ、「何かの単語に分解しないと気がすまない」大人の発想。


歌から入る子どもは、つながって発音される英語の「元の単語」なんて気にせずに、塊で聞いて、塊で歌います。


例をあげますね^^


Put it in the oven for baby and me! (Pat a cakeより)


大人がみたら「プット イット イン ジ オヴェン フォー ベイビー アンド ミー」を一生懸命繋げる作業になります。


でも子どもは


「プリリンジオヴェフォー ベビエンミ!」という音を聞き取り、

これが「僕と赤ちゃんのために(ケーキを)オーブンに入れてよ」ってことだよ、という説明で「そっかー」となります^^


つながった音を先に聞いて、言えるようになるので、それが当たり前になる。


つまり、英語耳と英語口が一度に育つということになります^^


(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる


言葉は「単語」の単品で使われることってまずありません。


どんなに短くても


Open the door


とか


Give me the banana

とか。


なので、フラッシュカード一式で “apple”, “dog”, “banana”, “sheep”って言えるようになっても、


そこから英語として使うために、It’s とか give me とか I like といった別のパーツを習って、つなげる作業が必要になります。


でも歌は、単語だけの羅列になっているものは有りません。


必ず、文章や、最低でもフレーズ(句)単位で歌詞になっています。


それをまるごと覚えて歌うので、知らず、知らずのうちに英語の構造を学び取って、文章やフレーズ単位で子どもたちの中に英語が入っていきます。


(暗示的文法学習といいます)


the itsy bitsy spider went up the waterspout♪


♪チビチビくもさん、雨どいを登っていった♪


も、「spider 」「went up 」「waterspout」といった広い語彙に触れながら、同時に文章で子どもたちが覚えてしまいます。


個別の単語をそれぞれ単語帳で覚えて、文法通りにくっつけて文章をつくるのと、どちらが早く効率的だと思いますか^^



こんな風に、ちょっと考えただけでも英語の歌から始める英語には、いいことが山程あります。



よく


「歌だけ歌っても英語喋れるようにならないんじゃない?」


というご意見も伺いますが、


・ 単語だけ習っても英語喋れるようにならない

・ 決まりきったスキットだけ習っても英語喋れるようにならない

・ 文法だけ習っても英語喋れるようにならない


のは、現在の学校英語を見ていたら分かりますよね。



(いやでも、この勉強法を経由しないと英語を勉強した(させている)気になれないという親御さんも実に多いです💦)


確かに英語の歌100%では英語を完全に使いこなすようにはなりません。


でも、英語を自由に使えるようになるために必要な、たくさんの要素が含まれていることを分かって頂けたと思います。



英語を自由に使いこなせるようになるのに、近道は有りません。


それは変わらないですが、それならば、少しでも楽しく、効率的に英語を習得していきたくはありませんか^^


そのうちの力強いツールが「英語歌」なんですよ、というお話をさせて頂きました。



長文お読みいただき有難うございます。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



Scroll Up