カテゴリー: 小学生英語

2021年、中学3年で求められている英語力の実態

2021年、中学3年で求められている英語力の実態

こんにちは^^
松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今レッスンを見ている中学3年生に、中学校の「総合テスト」を見せてもらいました。 

 
2020年に教育指導要領が改定されて、英語の教育課程の大幅見直しがありました。


その結果、中学生に求められる英語力はぐぐっとアップ。


その結果、中学生のテストの難易度も、ググッとアップ。


英文読解の量が、、、


センター試験ですか?!というほどの分量になっています。


これは長文問題で、これ以外にリスニング、文法、短めの英文の問題が2問、こちらの長文をやったあと、英作文です。


これを50分で解答するのです!!


すごい英語力が必要です!!! 



この英語の問題を解くのに必要な力は何でしょうか? 


それは

英語を日本語に訳すのではなく、英語のまま理解する力


です!!


それは、沢山の新しい英語の文章を、どんどん読んでいく経験がなけれ絶対につかない力です。


これだけの英文を目にして、気持ちが萎えてしまったらもう手がつけられません。


反対に、中学を卒業するまでにこれだけの英文をひるまずにガンガン読み進めていくだけの読解力と英語への慣れがあれば、この先英語を自信をもって使っていく子になるでしょう^^


今求められている英語力として、正しいものだとは、思います。


中学校の授業でその力をつけてくれる教え方をしているかが(かなり)心配なところ(大汗)


中学入学前に英語を習い始めている子はラッキーと思って、小学校のうちに簡単な文章を沢山読むことを、始めましょう!!




英語をそろそろ、、と思ってるけど始めていない、仲間とワイワイ英語力をつけたい方はお問合せ下さい。







無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム

無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


新学期が始まったところが多いでしょうか。


ご入園、ご入学、ご進学おめでとうございます。


コロナ禍とはいえ、新年度はやっぱり気が引き締まって新たな気持になりますね^^


今年こそは英語頑張ろう!


毎年(笑)そんな気持ちになる方もいると思います。


でも、何かを継続するのって本当に大変です!


継続、お休み、継続、お休みを続けながらも長期に渡って接し続けるのが大事なので、「毎年ごとの一念発起」でも全然いいと思います♪



私も今年は息子が小学校5年生になり、小学生生活も後半。


身体能力、知的能力ともに上がってくる年代なので、どんな変化を見せてくれるのかと楽しみにしています^^



英語もしかり。


小学校5−6年までにある程度基礎的な英語力をつけたり、英語の音に親しんできた子どもさんは、ここでぐぐっと伸ばすことが出来る年代です。


親が影響できる「最後の2年(涙)」と思って、子どもさんの取り組みを応援してみてはいかがでしょうか^^


無理なく楽しくリピートして自然に英語を覚えるアイテム



お家で英語に親しむアイテムとしてやっぱりいいなあ、と思うのは、こちらの英語カード。


ある程度英語の音に慣れ、読む力が少し付き始めている子どもさん向けです^^


AGO Q&A オレンジ レベル3 第2版 英語 カードゲーム


写真はレベル3ですが、もちろんレベル1から始めて構いません。


でも写真をレベル3にした理由は、レベル3になると

・質問内容や答えから会話を広げやすいトピックになっている

・会話でスマートに使えたら嬉しいWouldを使った表現が色々

・理屈で考えず慣れて感覚を掴んでほしい現在完了形のあれこれ


といった利点があり、英語らしい表現により多く親しめるというおすすめポイントがあります^^


英語はどうしても「繰り返し使って定着させる」ことが必要です。


でも子どもたちのスマホやタブレットと違って「なんとなく面白いから四六時中触っていて勝手に覚える」と、なってくれません^^;


本当は、そうあってほしいのですが。。


でも、ゲームとなると一気に「退屈なリピート練習感」が薄れます。


子どもたちはゲームに焦点が合っているので、「またHave you everか〜〜!何回目!」なんて言わずに自然に何度も繰り返します。

海外からゲストが来たときも、このAGOカードで子どもたちも自然な英会話。(2019年)



英語力の向上のためにゲーム内で工夫するなら

・英語の質問に対する答えを隠して言ってもらう
・その答えに誰かがWhy?と突っ込む
・カードの質問への答え以外に追加で色々喋って(主に先生)何を言っているか理解してもらう


といったアップグレードも出来ます。


ある程度英語が出来る大人と一緒にやるのがいいかもしれませんね^^


本当は、英語教室などで時間を決めずに延々とこのカードで遊び続けたら、一気に相当の読みと会話力がつくと思います^^


私の英語教室でも、レッスン日とは別に、


「英語カードでひたすら遊ぼうデー!」


とかが出来たら嬉しいなと思っていますが。。。。


興味ある人〜〜!手を上げて〜〜〜!(笑)



英語はやっぱり、「触れる量」がものを言います。


どこかで量を稼がないと、どんなに長期間やっていても、いいレッスンに通っていても、目に見えた変化が出づらいものです。


その意味で、ある一時がんばって量を稼ぐのは、とっても効果的だし、子どもたちも自分の変化が感じられて、やる気が出ると思います^^


今英語のレッスン以外でも英語に触れられるツールやゲームが沢山あるので、是非活用して


「今年こそは、英語を頑張る!」を実現しましょう!!









理想は寺子屋。1時間で区切るなんてナンセンス

理想は寺子屋。1時間で区切るなんてナンセンス

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

英語教室をしていていつも悩ましいのは、時間で区切ってレッスンを切り上げなければいけない事。 


小学生さんは、ノリノリのお題に取り組んでいる時には1時間の区切りでは、学びの区切りがついていない事もあります。 

課題によっては、終わりの時間が来た時、ようやくあったまってきたという時も。 


本当は「◯学年クラス◯時〜◯時:60分」なんて区切らず、


学校が終わったらワラワラ来て、


自分の課題に取り組んで「よしっ!」と思うまでやりたいだけやって、


「うん、今日もやりたい事出来た!」と納得して清々しく帰る。


みんな同じ課題なんかじゃなくて、自分が興味あるテーマにとことん向かってく。


そんな学びの場を作りたい。


それが「教えてもらう」んじゃなくて

「自ら学ぶ」と言う事だから。



そして、英語習得に本当に必要な力は「自ら学ぶ」力だから。


でもそれを実現するには生徒たちも、私自身も、克服しなきゃいけない課題があるんですよね。


今年はそれを実現化する方法を考えようと思っています。



週1回1レッスン◯時間、の学びの限界を感じています。



最後までお読みいただいてありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子





座学だけなんてつまらない!五感で学ぼう^^

座学だけなんてつまらない!五感で学ぼう^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


英語を学ぶって、単語を覚えたりお決まりのセリフを言えるようになったりというだけではないのです。


英語を使って広がる世界を体感してほしい。


英語が分かったら、使えたら、子どもたちなりになんだかワクワクするという気持ちを持ってもらいたいんですね。


なので、英語を学ぶ時に日常生活とちょっと違うことも体験ほしいと思っています。


コロナ前は、みんなで乗鞍キャンプにいってアメリカ人ご一家と1日フィールドトリップやお料理を楽しみました。


外国人が働いているレストランに行って、英語で注文してみたことも。


でもこの1年はコロナで色々なアクティビティが制限されていました。


なので、少し前になりますが


「英語の科学の教科書を使って実験をしてみる」


というアクティビティをしてみました。

ちょっとした身の回りのものを使っても、化学反応を楽しめる。


それをお友達と一緒にワーワー!キャーキャー言って大騒ぎする!!


楽しいですよね^^


子どもたちがとってもいい表情をして大喜びだったので、私も親御さんもとっても幸せな気持ちになりました!!



英語のレッスンに来るときは、いつも決まった席について、決まったテキストの前回の続きを淡々とやる。。。


なんて、ちょっとつまらないと思いませんか^^


英語は「学び」であっても「勉強」ではないと思っています。


特に、中学校に入る前の子どもたちに「勉強」以外の側面を沢山見せて、感じさせてあげたい。


「英語に関わっていることは、とにかくなんとなくワクワクする」


そんな気持ちで、子どもたちに英語に臨んでほしいと考え、レッスンプランを作っています。



春から、未就学・小学生クラスも新規メンバーを募集しますので、ぜひ体験レッスンにいらして下さい^^









英語を言ってみるのが「恥ずかしい」と思う子がいた時は。

英語を言ってみるのが「恥ずかしい」と思う子がいた時は。

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。



小学生さんは、学ぶ力がついてきているのと同時に、新しいこと、自分の知らないことへの怖さを感じる子も出てきます。


また、周りの子と見比べて客観的に評価し、恥ずかしいなと思ってしまう子も出てきます。


そんな子がいる場合は、ゲームでひとひと工夫します^^


簡単な例文をみんなで練習する。


その後どうやったらその文章を応用して違うことを表現できるかみんなで練習する。


みんなで練習する時は恥ずかしがり屋の子もそれなりに参加しています。


でも一人で言ってみようね、という時に戸惑ってしまう感じですね。


そんな時に、みんな一斉に口々に自分のペースで発話できるようなゲームを使います。


今回のゲームで言ったら、壁のカードをめくってわかったことをみんな一斉に、口々に喋るという方法です。


みんなでワイワイ、キャアキャア言うので恥ずかしいと思っている暇がありません^^


このようにして、英語を発話する練習をしてから、次のレッスンなので丁寧な発音指導を行います^^


小学生クラスでも、子供達の個性や興味に合わせてレッスン手法を微調整しています






小学生は、英語で自己表現!

小学生は、英語で自己表現!

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブで使用しているCTP絵本は、自然な英語の感覚が身につくだけでなく、簡単に応用して英語で自己表現できるようになる優れた教材。


子供の英語というと簡単な質問に英語で答える「英会話」を想像するかもしれませんが、決まりきった質問に定型文で答える英会話は、いつでもできるようになります^^


それに、2020年に改定された小学校5−6年用の英語の教科書がそんな内容でした。


・色や数字、好きなスポーツなどの話

・誕生日やショッピングに行くなど簡単で典型的な英会話


学校で習えるものは、習ったら良いと思います^^


学校外のレッスンでは、学校英語の先取りをするのでつまらないですよね。


「学校英語を吸収しやすくする素地」を作ったり、「学校英語では手が回らない、リスニングや英語を使ってみる」経験を積むのが良いと思っています。


今月は「Under the Sky(空の下には何がある?)」という本を使って、自分の世界を表現してみています♪


全部こちらに出せないのが残念ですが、みんな「Under the sky 〜」の問いから始めて、とっても面白い展開を見せてくれます!!!


小学生ならではの自由な発想!!!


英語を感覚で理解して、自分なりに使ってみる。


こういうのを面白がってできるのが、小学生の特徴かなと思います^^


動画に撮ることで、生徒たちもただ「リピートアフターミー」するよりピリッと練習し、覚えます^^



生徒さんによっては動画の演出も考えたりして(現代っ子ですね^^)



楽しく学んでいます^^



今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子









スーパーキッズじゃなくていい。芽が出るものから順に。

スーパーキッズじゃなくていい。芽が出るものから順に。

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


我が家の子どもたちも、ソングリッシュクラブの子どもたちも、大きくなって英語が必要になる時に備え、英語の土台を作っていくという長期プランです。


ちびっこネイティブのように英語を話したり、


●歳で英検●級合格!


といったスーパーキッズを目指しているわけではありません。


英語は第二言語とし、子ども達の身体的・能力的発達に即した無理のないペースと方法で英語学習を進めています。


小学校1年生の娘は、英語を読むことはまだほとんど出来ません。


挑戦してみましたが、時間をかける割に習得していかないので、私が「まだ早い」と思って読むことは一時的にストップしています。


焦る必要はありません。


成長に合っていない学習を強いて、親子ともに費用対効果が悪いのは誰の得にもなりません 😉



その代わり、英語を音で理解して、英語で反応する部分は育ってきているようです。



半分寝ながらでもまあまあの英語がでてくるようになり、面白いなと思いました。


寝ながらもtakeという単語が出てきて偉いなと思いますが、ここはtakeではないんですね。


そんなときは、子どもたちの英語には特にNoを出さず、正しく言い換えるようにしています。


小4の息子になら、take と bringの違いを説明してあげるかな。


(半分寝てたら説明しませんが。)


成長に応じた言葉がけをしていきたいと、常に考えています^^


子どもたちが自分から「もっと英語できるようになりたい!」と自ら歩み進む日が来るまで、親は見守りながら適度に環境を整えてあげるのがいいかなと思っています。


今日もお読みいただいてありがとうございました。

ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子









大学入試「共通テスト」に英語の新時代を見る

大学入試「共通テスト」に英語の新時代を見る

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今日は久しぶりにテキストのブログ。


週末に、大学入試の1次試験「共通テスト」がありましたね。


センター試験が昨年で終了し、今年が初めての「共通テスト」。


過去問がなくてドキドキの上に、コロナで、、、、今年の受験生は本当に大変だったなと思います。



さてさて、新しい英語の試験。


問題をさっと見て、明らかに時代が変わったなと思いました。


まず、配点。


200点満点の内訳、リスニング100点、長文読解が100点。


リスニング配点が半分に。

本当に文法も穴埋めは皆無。



この2点が、予め言われてはいたけど確認して「本当なんだ」驚いたことでした。


そして、全体の英文の量!!!


長文読解のみならず、リスニングでもかなりの文章量です。



こちらが、長文読解です。



後半。。。。英字新聞ですか、、、(汗)


リスニング。

絵で選択出来るような簡単なものもまだありつつ、、


後半は、読んだ内容と話された内容を合わせて回答する内容でした(汗)


ちょっとした長文を『読みながら』または「さっと内容を掴んで」さらにリスニングです。


大学入試は、本当に変わりました。


今までのように、単語や文法の選択問題をクイズのように解けばいい力は不要になりました。


良くも悪くも日本の英語教育、「大学入試」が一つのゴールであることは間違いありません。。。


大学入試から逆算して、高校、中学でやることが決まってくるのです。



少なくとも今年の試験で分かったこと。


これからの英語力に求められるものは


・大量の英語の中から必要な情報をざっと理解すること



です。


英語を日本語の語順に置き直して訳して理解する暇はありません。


とにかく英語を頭から読んで、聞いて、端から順に内容を脳内に描く力が必要ということです



大変なようですが、幸いなことに「使える英語力」に求められる能力と方向性が合ってきています。


このトレーニングをしておくことで、英語でコミュニケーションをする反射神経は随分育つことでしょう。


また同時に、一夜漬けでやっつけられない能力が求められているとも言えます。


時間に余裕がある小学生以下の年代から、大量の英語に触れておくことがますます重要になってきたと思いました。


難しいことはわからなくていい。


情報処理能力が上がる、中学・高校で難しい内容の英文を学べばいいのです。


小学校卒業までに英語の音に慣れ、リズムに慣れ、語順に慣れる。


読んだ順、聞こえてきた順に意味を把握する


つまり、日本語を介さず英語を英語のまま理解する。


その土台を作る必要があります。


そして、この土台は一朝一夕には育ちません。


ある程度時間をかける必要があり、その時間を「長期」で見積もらないといけません。



改めて、ソングリッシュクラブのベースになるカリキュラム

●未就学時は沢山の英語を聞いて、声に出してていく

●小学生になったらその音と文字を結びつけ、英語を読み、使ってみる



をコツコツ積み上げていくことが力になるんだなと思いました^^



ソングリッシュクラブ英語教室の詳細はこちらからご覧いただけます


ぜひぜひ、体験レッスンにも来てくださいね^^


最後までお読みいただいてありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子









英語なんかに苦戦している場合じゃない!

英語なんかに苦戦している場合じゃない!

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今日は、

「英語なんかに苦戦している場合じゃない!」


というお話です。


今日も、読んだ本からのシェアです。

本当はこの本読むのが怖かったのです。


でも子どもたちのために知っておかなければならない、、、、!


と思って、恐る恐る手に取りました。


そこから得た結論が「英語なんかに苦戦している場合じゃない!」でした。


では、今日のお話をどうぞ^^(7分程度のお話です)


今日の話で紹介されている本はこちらです。

今日もお聞きいただきありがとうございました!



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」

・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fmd6791x.png

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!





小1女子、CTP絵本音読の様子

小1女子、CTP絵本音読の様子

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今日も読んでいただきありがとうございます。


今日は、昨日に引き続き動画のご紹介です。

「小1女子のCTP絵本音読の様子」


です。

この絵本について音読を始めたタイミングは

・絵本CDのかけ流しで勝手に鼻歌で歌うようになってから

です。

読むまでの手順はこのようにしてみました。

(必ずこれでなければならないという手順ではありません。子どもさんの習熟度や興味によって促す内容は異なります)

(1)絵本を見ながら歌のトラックを一緒に聞く

(2)絵本を親(先生)が音読して聞かせる。意味を知りたがったらこの時日本語で教える

(3)一人読みを促す

(4)止まる箇所が出てきたらフォニックスの発音でヒントを出す

(5)多少間違っても、不明瞭な発音でも、逐一修正しない

(6)意味を聞いてこない場所は、わかっていないと思う箇所でも日本語は教えない(絵を見てイメージを掴むのみでOK)

これで3回ぐらい読んだらだいたい通して読めるようになりました。

動画の中で、ページの文字と全然違う英語を言う場面がありますが、文字を読んでいるのではなく音の記憶だけで発話している状態です。

少し注意すると、文字を見て読むことにトライしています。

一人読み初期としてはとてもよくあるパターンなのでこれは順調な発達段階です^^

では今回の動画をどうぞ(2分ほどの動画です)


今日もお読みいただきありがとうございました!



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」

・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加




Scroll Up