カテゴリー: 小学生英語

大学入試「共通テスト」に英語の新時代を見る

大学入試「共通テスト」に英語の新時代を見る

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今日は久しぶりにテキストのブログ。


週末に、大学入試の1次試験「共通テスト」がありましたね。


センター試験が昨年で終了し、今年が初めての「共通テスト」。


過去問がなくてドキドキの上に、コロナで、、、、今年の受験生は本当に大変だったなと思います。



さてさて、新しい英語の試験。


問題をさっと見て、明らかに時代が変わったなと思いました。


まず、配点。


200点満点の内訳、リスニング100点、長文読解が100点。


リスニング配点が半分に。

本当に文法も穴埋めは皆無。



この2点が、予め言われてはいたけど確認して「本当なんだ」驚いたことでした。


そして、全体の英文の量!!!


長文読解のみならず、リスニングでもかなりの文章量です。



こちらが、長文読解です。



後半。。。。英字新聞ですか、、、(汗)


リスニング。

絵で選択出来るような簡単なものもまだありつつ、、


後半は、読んだ内容と話された内容を合わせて回答する内容でした(汗)


ちょっとした長文を『読みながら』または「さっと内容を掴んで」さらにリスニングです。


大学入試は、本当に変わりました。


今までのように、単語や文法の選択問題をクイズのように解けばいい力は不要になりました。


良くも悪くも日本の英語教育、「大学入試」が一つのゴールであることは間違いありません。。。


大学入試から逆算して、高校、中学でやることが決まってくるのです。



少なくとも今年の試験で分かったこと。


これからの英語力に求められるものは


・大量の英語の中から必要な情報をざっと理解すること



です。


英語を日本語の語順に置き直して訳して理解する暇はありません。


とにかく英語を頭から読んで、聞いて、端から順に内容を脳内に描く力が必要ということです



大変なようですが、幸いなことに「使える英語力」に求められる能力と方向性が合ってきています。


このトレーニングをしておくことで、英語でコミュニケーションをする反射神経は随分育つことでしょう。


また同時に、一夜漬けでやっつけられない能力が求められているとも言えます。


時間に余裕がある小学生以下の年代から、大量の英語に触れておくことがますます重要になってきたと思いました。


難しいことはわからなくていい。


情報処理能力が上がる、中学・高校で難しい内容の英文を学べばいいのです。


小学校卒業までに英語の音に慣れ、リズムに慣れ、語順に慣れる。


読んだ順、聞こえてきた順に意味を把握する


つまり、日本語を介さず英語を英語のまま理解する。


その土台を作る必要があります。


そして、この土台は一朝一夕には育ちません。


ある程度時間をかける必要があり、その時間を「長期」で見積もらないといけません。



改めて、ソングリッシュクラブのベースになるカリキュラム

●未就学時は沢山の英語を聞いて、声に出してていく

●小学生になったらその音と文字を結びつけ、英語を読み、使ってみる



をコツコツ積み上げていくことが力になるんだなと思いました^^



ソングリッシュクラブ英語教室の詳細はこちらからご覧いただけます


ぜひぜひ、体験レッスンにも来てくださいね^^


最後までお読みいただいてありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子









小学生には、自分たちで「がんばり方」を考えてもらいます。

小学生には、自分たちで「がんばり方」を考えてもらいます。

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

先日、小学生クラスの子たちと「オンライン学級会」を開きました。



小学生クラスでは、自分たちで頑張る目標とごほうびを決めて、それをみんなで達成していく作戦にしています。


英語でも何でも、最終的には学校や塾に頼らず、自分で頑張れる子どもになって欲しいと考えています。


それは、学生が終わって社会で自立した時に必要になってくる「自律」の基礎となるからです。


これから活躍する子どもたち、

誰かから指示されたことだけを受身的にこなせばOK、というような大人には、絶対になってほしくないのです!!!



そういう人が「優秀」とされる時代は終わりました。


自分から興味を持って、やり方を試行錯誤し、目標を持って自分から進んでいく子になっていってほしいのです。


なので、英語教室でも、教室側が一方的に課題とステップアップコース用意しているわけではありません。


最終的に使える英語を身につける、大枠を用意していますが、その中でかなり自由度高くプログラムを組んでいます。


子供たちの興味、感心、習熟度に合わせてトピックや学習方法を変化させます。


クラスでの目標設定とご褒美もその一つ。

● 自分たちが頑張れる方法を自分の心に聞いてみて、それを出し合って自分なりのルールを考える

● お友達の意見も聞いて考え、クラスルールとしてまとめる

● 自分が決めたゴールに自力で到達する達成感を味わう。



そんな体験も、一つ一つ積んでいって欲しい!


ソングリッシュクラブを卒業する時には、

● 着実な英語の基礎力とセンス

● 自分なりの英語への興味と学び方



の両方を備えて「先生、ぼく・わたし、どうやって学べばいいか分かったよ!」といって羽ばたいていってほしい。


そんな願いで、日々のレッスン、中長期の目標地点を見据えています。


英語を学びながら、英語の学び方を探求するソングリッシュクラブに遊びに来てみませんか^^







子ども達が意欲を駆り立てられる言葉がけ

子ども達が意欲を駆り立てられる言葉がけ

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


子どもたちにいつもやる気を持って英語に取り組んでほしいなあ〜というのは親御さんの同じ想いだとおもいます!


でも、子どものやる気もペースも変動型で、、、、💦


そんなことも多いですよね。


子供さんのやる気アップの作戦として、

英語に少しでも取り組んだら、親が「すごい!すごい!」「上手だね!」といって褒める。



これは常套手段(笑)ですね。


子どもさんを褒めるのは間違いなく効果あり、今すぐ出来ますでどんどんやりましょう!


今日は「褒める」以外に子どもさんの鼻息が荒くなり、やる気アップの言葉がけをお伝えしたいと思います。


何種類かを使いこなして子どものやる気をくすぐりながら、楽しく継続出来るといいなと思います^^

子どもさんのやる気をくすぐる効果的な言葉がけ



色々な言葉がけがあると思いますが、我が家でよく使用して効果を実感しているフレーズ集です。


あ、でも形式的に使うのではなく、本気で使ってくださいね♪


(1)驚く

子どもさんにとって「褒める」を超えているのが「驚く」かなと思います^^


喜びながら驚く、心底意外という感じで驚く、、などニュアンス応用も色々。笑


「えっ!いつの間にそんな言葉覚えたの!」


「えっ!今日もまた英語やるの?3日連続?!うわすごーいっ!!!」


「わあ!英語の先生に(英語の国の人に、CDの音に)そっくりだね!!」


などなど。


これって「ママ・パパの予想を超えている」ということなので、子どもさんにとっては「えっへん!!」となる瞬間です。


本当に、子どもたちの成長には驚かされる瞬間がたくさんありますので、そんな時はぜひ、言葉にしてその驚きを伝えてあげて下さい^^



(2)ママが●歳の時はできなかった


英語を見ても、聞いても、話しても、確実に言えるのは、私達親世代からしたら


「こんな小さいのにすごい!自分は出来なかった!」


というのはあると思います。


だから本気で言えるのですが


「ママが6歳(など、子どもさんの年齢)のときこんな事全く出来なかったよ!/ 英語なんか知らなかった!/ 自分から英語学ぶなんて考えても見なかった」


など、子どもさんが出来た事を引き合いに、自分の時とは全然違う!を強調します^^


子ども達にとって「大好きなママを超えてる」というのは、鼻の穴が大きくなる瞬間ですね^^


自分がやっていることが「なんかすごいことなんだ」って思えたら子どもさんたちも自信持って頑張れちゃいます♪



(3)それは●歳程度、そんな〜歳いない

子どもたちの英語への取り組み、続いているだけで素晴らしいのですが、その凄さを子どもたちがいまいち実感していない時もあります。


そんなときは、子どもたちが想像出来る「お兄さんお姉さん」を引き合いにして「凄さのレベル」を実感してもらう方法があります。


「うわっ!そんな英語知ってるなんて15歳の中学生レベルだね!!」


「こんな英語の本を楽しく見てるなんて、13歳の子でもやってないよ!」



なんて^^


日本ではまだ「英語出来る=中学生以上」の雰囲気があるので、●歳レベルの設定は適当に中学生程度でOK!


また子どもさんたちが想像出来る「大きい人」もそのぐらいでしょう。


子どもたちが「自分の年齢並み以上のことを出来ているんだ!」「あの中学生のお兄さん、お姉さんがやっていることをもう分かっているんだ」と理解するのは自信に繋がります。


英語を楽しむことも大事ですが、「自分がやっていることに自分で誇りを持つ」こともとっても大切なやる気維持の原動力です^^


あとは、同年代との比較なのでそこまで頻繁に使いませんが


「こんな英語知ってる●歳(6歳など子どもさんの年齢)、なかなかいないよ」


といった表現も効果があります^^


これは、あんまりやりすぎてクラスで嫌な子になるのも心配なので、多用しませんが。


時々、そっとささやきます。笑



いかがでしたか^^


皆さんの親子の会話でも自然に使っている表現があったかもしれませんね^^


もし他に「我が家ではこんな言葉がけで子どもたちは大喜びだよ〜〜!」なんていうのがあったら、是非LINEにお返事ください💖


今日もお読みいただきありがとうございました!



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子







英語上達のための必須条件はやっぱり●●●

英語上達のための必須条件はやっぱり●●●

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


中学校の文化祭の季節ですね。


今年はコロナの関係でいつもと違う形で行う学校がほとんどだと思いますが。


各中学で、合唱コンクール無いんですかね、、、


中学生の合唱コンクールって、迫力があってとてもいいですよね!!



中学の文化祭での合唱コンクールが大好きなので、昨年は2つの学校に見に行きました。



そこで気づいたこと。


中学生は、全クラス生徒が合唱曲の伴奏をしている!!!



中学生が歌う合唱曲なんて、伴奏も難しいです。



でも、必ず生徒さんの伴奏なんです。



つまり、30人に一人の割合で「ピアノがとっても上手な子」がいるという事です。



そこでじっと考え込んでしまいました。

中学生にもなれば、クラスに1人ぐらいの割合でピアノがとっても上手い子がいる。。。。

英語だってクラスに一人ぐらいはペラペラな子がいてもいいんじゃないか???



いやでも、現状考えて、まずいないですよね。


たまにいるハーフちゃんや帰国子女を除き。。。


頭いい子はテストの点取れますが、英語で自由にコミュニケーションしてくださいね、といって不自由なくできる子。



まあ学校に一人いれば、ちょっとした有名人でしょう。



翻って、小学生のうちから英語を習ってる子とピアノを習ってる子、どちらが多いでしょう???


もしかしたら、英語を習ってる子の方が多いんじゃないかな???


それなのに、この結果の差はどうなんだろう????


考えましたが、原因ははっきりしています。

ピアノ = レッスン以外に毎日練習するものという前提がある

英語 = 週1回のレッスン以外ほぼ何もやらない



それは、差がでるのが当たり前です。


ピアノを習っていて、レッスン以外には何もしなかったら上達するわけないし、親もそんなんじゃレッスンに通わせないし、先生だって練習してこなかったら呆れます。


だから、当然練習するし、それが習慣になっている。


習慣にできた子が、上達して合唱コンクールで伴奏をしているんですよね。



英語も同じです^^

習慣にできた子は、確実に英語が分かるようになり、使えるようになっていきます!!!



ソングリッシュクラブ英語教室では、これまでも英語レッスン以外におうちで英語に触れてほしくて、色々な仕組みを使ってきました。



それがかなり功を奏して、未就学児さんは「だいたい毎日何かしら英語を見たり聞いたり歌ったりします」というご家庭がほとんど。



小学生さんも、ここのところ加速度的に家で「英語自主勉」をする子が増えてきています。


とってもいい傾向!


まずは楽しみながら英語に触れる習慣を付ける。


その上で、触れていく「英語の量と質」を適切にコントロールしていくと、とても効果的に英語を身につけていくことができます。


ソングリッシュクラブ英語教室では、その「英語の量と質」を確保できる楽しい秘密兵器を導入することにしたので、ご興味ある方は体験レッスンに来ていただきたいのですが(笑)

遠くて来れない方も


他で英語のレッスンを受けている方も


まだ英語のレッスンに通わせていない方も


ぜひぜひ、


自分のお子さんが触れている「英語」というものは「ピアノ」と同等に”習慣化”が必要で、それができた子が確実に上達するもの


ということを心に留め、おうちでも何かしら英語に触れるよう、いろいろやってみてください^^


そうは言っても何からやっていいかわからない!という方。

英語上達のために絶対に必要で、誰にでも環境を用意できて、子どもさんに効果があるものは、『リスニング』です^^


子どもたちはとっても耳が良いです。


幼少期から英語をきかせたらいいといいますが、小学生でもまだ間に合います!!


英語を聞ける→分かってくる→分かるから楽しい、もっと知りたいのスパイラルを作れるのは未就学と小学生のうちしか無いと考えておいていいでしょう。


中学生になったら、否応無しに「勉強」して「テスト」受けて点数で評価され、、のコースが始まるので、いろんな英語に触れて楽しめるのは小学生のうちまでです!


このタイミングを、お見逃しなく!!


今日も最後までお読みいただいてありがとうございました!








自分たちで頑張る仕組みを作り、成果が出ています^^

自分たちで頑張る仕組みを作り、成果が出ています^^

こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


最近ますます、どうやったら子ども達に英語をしっかり身につけられて、使えるようになるのか、四六時中考えています。


おかげで朝早く目が覚めます。笑


英語の取り組みを進めるいい作戦を思いついたり、来月レッスンの工作を思いついたり。笑


きっと夢にまで見てるんでしょうね^^;

英語でも何でも、ただ与えられた課題を受身的にこなしているだけではなかなか身につきません。


どうしても、自分から興味を持って「やりたい!」と思って取り組まないと、時間をかけても効果が出ません。

実はソングリッシュクラブ英語教室の小学生クラスさん、最近メキメキと子どもたちの学びの意欲が上がっています!!


それは何故かと言うと、、、、

●クラスのみんなで頑張る仕組みを考える

●目標達成した時のご褒美も自分たちで考える



をしているからです^^


「大人から与えられた課題をやらされる」


のではなく、


「自分たちで頑張るって決めたことを頑張る」


って、なんて気持ちがいいんでしょう!!


その気持は、よ〜〜くわかります。



おかげで皆がすごく頑張るようになり(それは素晴らしいのですが、、、)「みんなで決めたご褒美」を貰える機会が頻繁に来すぎております、、、、^^;


せんせー心の中で(あれ、この前もご褒美だったよね、、)と思っている次第(汗)


今回は、子ども達が決めたある目標をクリアしたので、ご褒美の一つ


「1時間のレッスン中丸々英語ゲームする」


が実現しました!!


今の課題を盛り込みつつ、全員本気で楽しめるゲームその1や、、、



保護者の方の強力なサポートを得て、おおいに盛り上がったゲームその2。


表彰式もあったりと、子どもたちとっても嬉しそう✨✨



自分たちで決めた目標を達成して、決めたご褒美をもらえる、って、子どもたちにとっては本当に楽しくて気持ちのいい経験ですよね!!!



ソングリッシュクラブ英語教室では、

英語を学ぶ過程を通して、主体的に考え、学ぶ体験を沢山積んで欲しいと考えています。


英語教室って、子ども達の英語力が完璧になるまで通い続ける場所じゃありません^^


英語教室で英語の学び方を身に着けて


「先生、英語どうやればいいか分かったよ!ありがとう!」


といって、生徒たちが力強く羽ばたいていくことが、当教室の願いです。


子ども達が「英語教室がなければ英語が上達しない」なんて言わずにどんどん自分から学んでいってくれたら嬉しいと思いませんか^^



生徒たちが主体的に考えを出し合いながら作っていく小学生クラスの詳細はこちらからご覧いただけます。








おうち英語インプット効果の測り方

おうち英語インプット効果の測り方


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


こちらのブログやLINEを読んでくださっている方は、おうちで英語のかけ流しや映像を見せたりなど、されている方が多いと思います。


小さい頃からかけ流しをしているご家庭では


「かけ流しってどのぐらい効果あるんだろう?我が子はどのぐらい英語が分かっているのかな??」


って思うことも多いと思います。


子どもの脳内を「見える化」できないですし、定期的に外国人が話しかけてくれるわけでもなし。笑


「自分から勝手に英語をペラペラ喋るようになりました♪」



とか、


「親子で英語の会話が弾むようになってきました♪」


ってご家庭も、まあ少ないんじゃないかなと思います。。。^^;


(そういうご家庭は、聞き流しの効果に「?」ってならないですけどね。笑)

英語のかけ流しなど始めて、1−2年は特に効果を考えなくても「親子で楽しくやっている」だけで十分です。


子供は言語習得の天才!!!


と信じて続けましょう^^


そしてもし、お子さんが

「うちの子、英語には相当量触れてきたんじゃないかな〜〜。英語の映像をずっと楽しんで見てる。。けっこう分かっているのかな??」


という状態になってきたら、英語の理解度を測る方法があります^^

それは

英検の過去問のリスニングセクションをやらせてみる



です^^


インターネットの「英検 過去問」で簡単に検索できます。


問題冊子やリスニング音源、全部あります。


わざわざ英検の試験準備をする必要はありません。


いきなり聞かせます。


年齢が小さくてまだ「読む」を一切やっていない場合も、リスニングだけはかなり上達している可能性があります。


子どもは、「聞いて理解する」ところから獲得していくからです。


その場合は

・リスニングセクションの、絵を見ながら聞いて回答する問題だけやる 


で、十分です。


英語が分かっている子であれば、いきなり聞かせてもある程度正解できます。


英検の級と、英語の理解度の目安はこんな感じです^^

● 5級・4級のイラストリスニング問題だけ出来る

= リスニングの導入期の理解が進んでいる
(ここまで来てるだけで快挙!!かけ流し順調、順調と思ってOKです♪)


● 3級のイラストリスニング問題も出来る

= 日常生活の英語はほぼ理解している


● 準2級問題の第一部まで出来る
イラスト問題はありません。設問も回答選択肢も全て読み上げられる問題が第一部です

= 生活英語〜社会生活(家の外、人との関わり、社会の中の言葉)まで理解している


● 2級の問題もわかる
2級はリーディングなしに回答出来る問題はありません。ここまで来ると読解能力も必須です

= 生活(多種類のお店など)、社会(会社から路上まで)、学術(高校・大学のシーンを前提としている)、、の色々な場面での英語を幅広く理解している

いかがですか^^


英検に照会することで

世間の基準で、我が子がどの程度理解しているかを確認できる



ことが出来るというわけです^^


でも子供って、


「車アニメが大好きすぎていつも見てるけど、生活の英語には触れてないから全然分かってないらしい」


とか、普通にありますからね^^


触れた頻度が少ない英語はわからないのが当たり前です。


英検レベルチェックも「参考になる」程度の認識がちょうど良いかと思います^^

子供と英語の関わりって、長期戦です。


親としては「一体いつ頃どのぐらい出来るようになるのか?!」気になるところですが、今目の前のお子さんが英語に興味を持って、楽しんでいるだけで、すでに快挙です。


「こんな小さい頃から英語に慣れ親しんで!!!すご!!!」


ですよね!!



(ご自身の同年齢の頃と比べてみましょう。笑。私なんかいつもそう思って我が子をみています^^)


楽しんでいきましょう〜♪



今日もお読みいただきありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子





アンケート結果!おうちでどんな風に英語に取り組んでいますか?

アンケート結果!おうちでどんな風に英語に取り組んでいますか?


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


先週のLINEで「教えて!みんなおうちでどんな風に英語に取り組んでいますか?」と質問をさせていただきました^^

私の家ではこんな風にしているけど、他の子どんな感じかな?

うちでも取り入れられることあるかな?



なんて、気になりますよね!


私の英語教室に来てくださる生徒さんも

「お家でもだいたい毎日、何かしらやるようになりました」

なんてご家庭も、少なくありません。


素晴らしいですね!!!


さてさて、皆さんどんな時に、何をやっているのでしょうか^^

みんなはこんな感じでした!!


おうちのスキマ時間、ながら時間にみんな楽しく取り入れているようです!

● 車の中で英語CDやDVDをかける、○○を英語でいうと〜?クイズ(車時間ご活用の方はけっこう多いですね。)

● 朝食・夕食を子供たちが待っている時間にかけ流しや英語のYoutube(我が家と同じタイプですね^^)

● 子供が遊んでいる時のBGMとしてずっとかけ流し、時間は決まっていない

● 子供が遊んでいるうちに自然と英語の歌を歌っている

● 日本語のYoutubeを見る前に英語のYoutubeを見せる

● お風呂に入る前のスキマ時間にYoutubeを見せる

● 歯磨きの仕上げ磨きの時に英語のYoutubeを見せる

● 寝る前の時間に絵本読み聞かせやリスニングアプリを一緒に聞く、英語のフラッシュカードを少しやる

● 朝食や夕食の食事中のBGMとして、歌や英会話の音声を流す

● お風呂に入っている時間に壁に貼ったアルファベットの一覧表を見ながら英語を話題にする

● 英語アプリでゲームやクイズに親しむ、発音アプリで遊ぶ

● 子供の好きなテーマやお気に入り番組のYoutubeを見せる

● 毎朝幼稚園等に出かける前に自分から課題のように歌を歌っている

● 幼稚園・保育園に出かける前の持ち物チェックから身支度確認、出かけるところは英語で話しかけタイム

● 生活の中の決まったシーンでは英語で話しかけてみる(親が喋れる範囲で)

● 家族で英語のアニメ映画などを見る(字幕あり)


といった具合でした!!

皆様の取り組みで同じ系列ごとにまとめさせていただきました^^


番外編で、大人クラスの方より

● 朝食・お弁当作りの時間に好きなアーティストのYoutubeをかけてウットリする

● 週末に英会話のYoutubeを見聞きする


も、いただきました!!


大人がインプットを楽しんでいれば、子どもも興味を持つこと間違いなしなので、ママさんご自身も英語を楽しんでみてはどうでしょうか?


さらに番外編で、私自身のインプット時間は

● お皿洗いや洗濯干しの時間にPodcastを聞いたりYoutubeの音だけ聞く

● お風呂や寝る前に英語本を読む

ですね!!


みなさん、色々な時間に、少しずつ出来る範囲で英語を取り入れていて、素晴らしい✨✨


みなさんのおうちでも、無理なく導入できそうなことが何かありましたか〜〜?

年齢別・効果的なおうち英語の取り組み


ちなみに、おうちでの取り組みで、より効果を出したいな、、と思ったら。


乳児さん・幼児さんは何かをしている時のBGMとしてかけ流しですごく効果があります。


乳幼児さんは聴覚が急激に発達している時期なので、その時期に英語も聞かせてあげるとイントネーションやリズムなど、自然と聞き取れるようになるのです。


なるべく毎日、少しずつでも、英語が当たり前に流れている時間を作るようにされるといいと思います。


英語歌は子供たち大好きですが、ダイアローグ(英会話)や、絵本の読み聞かせ音声なんかも、Youtubeで沢山ありますので、バリエーションをつけれられたらよりいいかと思います^^

小学生さんなどある程度年齢が上がると、「かけ流し」の効果は薄れます。


短い時間でもちゃんと「英語を見る・聞く」と意識して英語に向かう時間を取る方が効果があります。


小学生以上になると、目の前にあるものを「学習する」という能力が上がりますし、幼児期ほどではありませんがまだまだ柔軟な耳がある年代なので、しっかり向き合う時間を少しずつ取ると、英語の音をよく吸収します^^


小学生さんは「言葉がわからない=つまらない」でやらなくなってしまうので、比較的ゆっくり・はっきりな英語、映像などもあり目でも楽しめる素材がいいと思います^^


いずれにせよ、

「語学は耳から」が、後々の読み書きを含めた、総合的な英語力のアップ・定着に欠かせない要素です^^


これ、なかなか日本の英語教育で採用されない考え方なんですが、続けてやれば、どんな子も”必ず”変わってきますので、ぜひぜひ、続けてください!


今はYoutube、インターネット、スマホアプリと英語の素材って沢山手に入ります。


楽しく、賢く使って「英語の習慣化」をしていきましょう^^



「なるほどー!!参考になったよ♪」


「おうちでも何かやってみよう!」


と思われた方は、スタンプポーンといただけると嬉しいです💖


また、ご質問等ありましたら、またLINEからメッセージください❗

ソングリッシュクラブ英語教室
講師・木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!






日本人は英語の「読み書きしか出来ない」のウソ

日本人は英語の「読み書きしか出来ない」のウソ

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


日本人の英語力って「読み書きしか出来ない」とよく言われますが、英語に悩む中高生を見る限り、

それって完全に、ウソです(汗)



なぜかと言うと、英語に悩む中高生で


・長文問題が一番ラク!!

・英作文なら出来るけど、他が、、、、



なんて言う人、いないからです!


これって、英語の「読み書き」ですよね???


でも、「コレしかできない」なんて学生さんはいなくて、むしろ一番の苦手分野になっています。

「日本人は読み書きしか出来ない」の真相は、


「学生時代に勉強英語で困ってなかった人(つまりお勉強が出来た人)」が大人になって、過去の記憶で「読む・書く」をギリギリやる。


と言ったところ。


「読み書きならなんとか、、、」と今言っている大人だって、学生の頃は文法や並べ替えの達人だったかもしれませんが、長文・英作文大好きっ子だったとは、、、ちょっと思えません^^;

これが何故起こっているか。


理由は簡単。


英語を学ぶ方法が、戦後75年間変わっていない


(1)単語の意味を知る
(2)文法を習う
(3)その単語の知識と文法知識を合わせて英語を読み、日本語にして理解する


という、いわば

「勉強の苦労を味わいながらながら、英語が絶対に身につかない悪魔の勉強法」

で勉強しているからです^^


あ、この命名は私ではありません。


夫が命名しましたが、なかなかのネーミングセンスだと思います。笑

そこでソングリッシュクラブ英語教室では、この悪魔の勉強方法に依らない学び方を採用しています。


これも、私が勝手に提唱している独自の英語習得方法ではなく、日本以外の国では当たり前に実施されている学び方です。


お隣の韓国なんか、グローバル・スタンダードの英語習得法でどんどん国民の英語力をアップさせています!


ソングリッシュクラブ英語教室の学びは

(1)まずは英語の音を大量に聞き、口にして英語を耳から吸収する


(2)ごく簡単な英文を繰り返し音読して英語を英語のまま理解出来るようにする


(3)次第に読める幅を広げていって英語の文章をどんどん読めるようにする


といった順序で進めます。


英語を


・ 聞いて理解できる
・ 読んで理解出来る


であれば、学校のテストが大好きな穴埋めや並べ替え、読解問題も自然とできるようになっています^^


なぜなら「英語が出来るから」です^^


英語が出来れば、テストは出来るんです。


逆は必ずしも真ならずです。笑



留学なしで「英語ができる」ようになるソングリッシュクラブ英語教室のレッスン詳細はこちらから^^



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!

歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


当教室では、レッスンを通して沢山の歌を使っています。


歌から入る英語には、たくさん、たくさんのメリットがあります。


今日はそのメリットを解説したいと思います^^

(1)子どもが大好き!自然と口から出てくる

(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる

(3)英語を見聞きする習慣がつく

(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ

(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる



ざっとあげただけでも、これだけ出てきます。


ちょっと解説しますね^^



(1)歌は子どもが大好き!自然と口から出てくる


子ども達、保育園や幼稚園でもたくさんの歌を歌います。


親がおどろく程難しい歌詞の歌も(パプリカとかもその類です)しっかり歌えるようになります。


楽しそうに、何度も口から自然に出てきてしまいますよね^^


英語でも同じことが起こります。


ソングリッシュクラブ英語教室では、年齢や学年に合わせた難易度〜すこーし難しめの歌を選びます。


難しすぎるかな、と思っても大丈夫。


子ども達は聞いた音をそのまま真似る天才なんです❣


それに、幼少期の英語の場合、楽しくなければやりません。


「英語をやっておけば将来有利。学校で楽出来る」なんて理屈ではやっていません。


理屈はともあれ、子どもたちが無条件に「楽しい!」と思えるのが、明るい音楽と楽しいリズムの付いた、歌なのです。


(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる


英語のレッスンに行って


「今日レッスンでやったこと、ママの前でやってごらん?」


と言った時、レッスンでやった英会話をそのままやる子っているのでしょうか?


フラッシュカードで言えた単語を言うぐらいは、するかも知れません。


でも歌は、習った英語をまるごと、何度でも自宅で練習出来ます。


練習、というか、遊びの一貫で子どもたちが自然に家で歌っているというママたちからのお声を多数頂いております^^


(3)英語を見聞きする習慣がつく


この「英語を見聞きする習慣をつける」というのは、実はとってもとっても大切です。


英語って「定着」しなければ使えるようになりません。


レッスンで「出来た!」と思ったものも、レッスンでやるだけならその場限り。


子ども達、覚えるのも早いですが忘れるのも早いんです^^;


何度も何度も英語を聞いて、声に出して、ようやく忘れないところまで定着します。


そのために、家でも何らかの形で英語に触れる事が重要なのです。


でも、お教室で使っているフラッシュカード、家でやりますか?


お教室で習った英会話、毎日親子でくり返しますか?


それも毎日???


英語の歌なら、毎日少しの時間でもかけ流すことは簡単に出来ますし、子どもたちに「英語が聞こえてくるのが当たり前」の環境を簡単に作ることが出来ます。


「宿題」として英語に触れるのは、こどもにとってつまらない義務。


宿題以外の形で、自然に英語に触れさせてあげたいと思いませんか^^


歌は遊びの延長だから、最適の教材なんです♪


(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ


よく、英語耳っていいますよね^^


英語の特徴って、LとかRとかTHとか、日本語に無い音の発音が大事と思われがちですが、実はそれよりも苦戦するのが


「リンキング」とか「リエゾン」と呼ばれる、音のつながり。


単語と単語がつながったり、音が消えたりして、聞いただけでは単語の原型が何なのか、分かりづらいのです。


でもこれ、「何かの単語に分解しないと気がすまない」大人の発想。


歌から入る子どもは、つながって発音される英語の「元の単語」なんて気にせずに、塊で聞いて、塊で歌います。


例をあげますね^^


Put it in the oven for baby and me! (Pat a cakeより)


大人がみたら「プット イット イン ジ オヴェン フォー ベイビー アンド ミー」を一生懸命繋げる作業になります。


でも子どもは


「プリリンジオヴェフォー ベビエンミ!」という音を聞き取り、

これが「僕と赤ちゃんのために(ケーキを)オーブンに入れてよ」ってことだよ、という説明で「そっかー」となります^^


つながった音を先に聞いて、言えるようになるので、それが当たり前になる。


つまり、英語耳と英語口が一度に育つということになります^^


(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる


言葉は「単語」の単品で使われることってまずありません。


どんなに短くても


Open the door


とか


Give me the banana

とか。


なので、フラッシュカード一式で “apple”, “dog”, “banana”, “sheep”って言えるようになっても、


そこから英語として使うために、It’s とか give me とか I like といった別のパーツを習って、つなげる作業が必要になります。


でも歌は、単語だけの羅列になっているものは有りません。


必ず、文章や、最低でもフレーズ(句)単位で歌詞になっています。


それをまるごと覚えて歌うので、知らず、知らずのうちに英語の構造を学び取って、文章やフレーズ単位で子どもたちの中に英語が入っていきます。


(暗示的文法学習といいます)


the itsy bitsy spider went up the waterspout♪


♪チビチビくもさん、雨どいを登っていった♪


も、「spider 」「went up 」「waterspout」といった広い語彙に触れながら、同時に文章で子どもたちが覚えてしまいます。


個別の単語をそれぞれ単語帳で覚えて、文法通りにくっつけて文章をつくるのと、どちらが早く効率的だと思いますか^^



こんな風に、ちょっと考えただけでも英語の歌から始める英語には、いいことが山程あります。



よく


「歌だけ歌っても英語喋れるようにならないんじゃない?」


というご意見も伺いますが、


・ 単語だけ習っても英語喋れるようにならない

・ 決まりきったスキットだけ習っても英語喋れるようにならない

・ 文法だけ習っても英語喋れるようにならない


のは、現在の学校英語を見ていたら分かりますよね。



(いやでも、この勉強法を経由しないと英語を勉強した(させている)気になれないという親御さんも実に多いです💦)


確かに英語の歌100%では英語を完全に使いこなすようにはなりません。


でも、英語を自由に使えるようになるために必要な、たくさんの要素が含まれていることを分かって頂けたと思います。



英語を自由に使いこなせるようになるのに、近道は有りません。


それは変わらないですが、それならば、少しでも楽しく、効率的に英語を習得していきたくはありませんか^^


そのうちの力強いツールが「英語歌」なんですよ、というお話をさせて頂きました。



長文お読みいただき有難うございます。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


幼児さんの英語吸収力はやっぱりすごいなあと日々実感します。

ソングリッシュクラブ英語教室では、沢山の英語の歌を歌います。



・英語の習い始めとしてスタンダードの歌

・季節の歌

・ちょっとむずかしい、憧れの映画テーマソング



などなど。


子どもたちが歌う中で、自然と元の英語発音のまま歌い、「英語を英語らしく、躊躇なく発音する」ことを身につけていきます。



でも、ただ歌を歌うだけではないんです^^


ソングリッシュクラブでは、そこから更に子どもたちが夢中に遊びながら、自然に英語の幅を広げていく工夫を、あちこちにしています。


例えば


Clean Up の歌。



英語レッスンではよく使う歌です^^


その歌を歌うときはね、生徒から


「せんせい、Clean Upの歌をやる前に、やることあるでしょ♪」


ってニヤリと笑いながら、言われます。

だよね♪


わかってるよ!



LET’S MAKE A MESS!!

( ̄ー ̄)ニヤリ



ここで子どもたち、大活躍です!!


いつもはママから「モー!片付けなさい!」って言われちゃう子どもたち。



だから


「はいはい!!!散らかして!!!!もっともっと!!!!」


なんて言われたら、大興奮ですよね^^



新聞紙も、広告も、ビリビリに破いて散らかして、人にかけて、チリの海で泳いで、チリを被って😂😂😂



先生は横で、make a mess! make a mess!! と連呼して、英語表現をそっと刷り込み^^


Are you ready to clean up??


Noooooo!!


しばらく散らかした後


Are you ready to clean up???


Nooooo!!


またまた、「Are you ready to do ナニナニ:ナニナニの用意はできた?」の表現を、そっと刷り込み。笑



(英語はくり返して覚えましょう!って言っても、方法は単語ブツブツ100回繰り返すだけじゃないです^^)


そして、十分に散らかしたら、ようやくClean Upの歌をかけて、みんなでチリのお片付け^^


そんなこんなで、元気いっぱいに体を動かし、使って、自然に英語に触れながら進めるレッスンは、幼児さんの45分でも、あっという間です^^

参加しているお母さんから

子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます



なんてご感想も頂いています。



子ども達が目を輝かして部屋を散らかしているのを一緒に笑って見ていられるような、幼児さんのクラスです^^


幼児さん(2歳〜6歳)の体験レッスンに多数お申し込み頂いています


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



Scroll Up