カテゴリー: ソングリッシュクラブとは

「鼻水でる」「天気悪い」「寝てる」で振替して欲しい!

「鼻水でる」「天気悪い」「寝てる」で振替して欲しい!

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


コロナを経て、色々な常識が変わったなあ、、と思うところが沢山ありますね。


特に変わったなと思うところは

必要な時に大事をとる



ようになったことじゃないでしょうか^^



コロナ前は、日本人まじめなので、多少具合が悪くても、気合で学校や職場に行っていたと思います。



でも今はみんな自分の体調に敏感になり、少しでも調子が悪いと大事を取るようになったと思います。



いい傾向ですよね^^

そんな世の中の流れをくんで、ソングリッシュクラブ英語教室でもレッスンを柔軟に振替えれる仕組みにしています^^


振替えは、2種類。

・同じクラスの別曜日の振替え

・オンラインクラスへの振替え



複数曜日、複数方式でご用意しておきますので、気軽に振替えてほしいと思っています!!!


子どもの習い事って、お金を払っているので、「支払いをした分はレッスンを受けてほしい」という気持ちはもちろんあると思います。


でも同時に「子どもや自分の調子が悪い時に、無理して行かせていいのだろうか?」というお悩みもあると思います。



なので、少しでも体調に不安があるとき(子どもさんでも、ママさんでも!)無理せずしっかりと休んで、しっかりと振替レッスンを受けてください^^



それから、最近侮れないのが


天気!!!


雨が降っても何かと心配な世の中になりました💦


河川の増水、スコールのような一時的な大雨、台風、、、、


そんな中、「今日はレッスンだから!」と子どもさんを車に乗せて出かける。。。


それは迎える私も、とても心配です💦


もう「天気悪い」で十分振替えの理由になってますので、気軽に振替えてください!!



それから、小さい子どもさんの場合



寝てる


も無視できないリスク要因ですね😊 



せっかくレッスンに出かけようと準備していたのに、その間に子どもさんが寝てしまった。



車の中で寝てしまってレッスンに着いた頃起こせばいい感じなら、是非いらしてください。


寝起きはママにべったりでレッスン見てればいいです。


でも、お家で寝込んでしまった場合は、これまた振替えをしていただきたいなと思います。


寝ている子どもさんを起こすのが可愛そうというのももちろんありますが


お母さんに「子どもが寝ちゃった日は休んでいい」という安心感を持っていただきたいと思っているのです。

コロナを経て、生活の仕方、ものの考え方、行動の仕方に色々な場面で柔軟に対応していくことが必要になったなと感じています。



子どもの習い事というと、定期的に●曜日の●時はどこそこへ行く、という意識があったと思います。


でもその考え方を、教室側も、保護者側も、だんだん緩めていく時代になりました。


学び方も、従来の固定概念を手放して、新しい学び方に柔軟に取り組んでいきましょう!



松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


幼児さんの英語吸収力はやっぱりすごいなあと日々実感します。

ソングリッシュクラブ英語教室では、沢山の英語の歌を歌います。



・英語の習い始めとしてスタンダードの歌

・季節の歌

・ちょっとむずかしい、憧れの映画テーマソング



などなど。


子どもたちが歌う中で、自然と元の英語発音のまま歌い、「英語を英語らしく、躊躇なく発音する」ことを身につけていきます。



でも、ただ歌を歌うだけではないんです^^


ソングリッシュクラブでは、そこから更に子どもたちが夢中に遊びながら、自然に英語の幅を広げていく工夫を、あちこちにしています。


例えば


Clean Up の歌。



英語レッスンではよく使う歌です^^


その歌を歌うときはね、生徒から


「せんせい、Clean Upの歌をやる前に、やることあるでしょ♪」


ってニヤリと笑いながら、言われます。

だよね♪


わかってるよ!



LET’S MAKE A MESS!!

( ̄ー ̄)ニヤリ



ここで子どもたち、大活躍です!!


いつもはママから「モー!片付けなさい!」って言われちゃう子どもたち。



だから


「はいはい!!!散らかして!!!!もっともっと!!!!」


なんて言われたら、大興奮ですよね^^



新聞紙も、広告も、ビリビリに破いて散らかして、人にかけて、チリの海で泳いで、チリを被って😂😂😂



先生は横で、make a mess! make a mess!! と連呼して、英語表現をそっと刷り込み^^


Are you ready to clean up??


Noooooo!!


しばらく散らかした後


Are you ready to clean up???


Nooooo!!


またまた、「Are you ready to do ナニナニ:ナニナニの用意はできた?」の表現を、そっと刷り込み。笑



(英語はくり返して覚えましょう!って言っても、方法は単語ブツブツ100回繰り返すだけじゃないです^^)


そして、十分に散らかしたら、ようやくClean Upの歌をかけて、みんなでチリのお片付け^^


そんなこんなで、元気いっぱいに体を動かし、使って、自然に英語に触れながら進めるレッスンは、幼児さんの45分でも、あっという間です^^

参加しているお母さんから

子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます



なんてご感想も頂いています。



子ども達が目を輝かして部屋を散らかしているのを一緒に笑って見ていられるような、幼児さんのクラスです^^


幼児さん(2歳〜6歳)の体験レッスンに多数お申し込み頂いています


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



結局のところ、発音をどうするべきか

結局のところ、発音をどうするべきか

こんにちは。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


日本人の英語発音については、こんな意見が両方聞かれます。


「日本人は発音を気にしすぎて、恥ずかしくて喋れないという気持ちがある。だから発音を気にせず自分の英語でどんどんしゃべるべき」


「日本人英語だと分かってもらえない。自分の英語を理解してもらえなくて、へこんで自信をなくしてしまう。だから発音をきちんとしないと!」


あなたは、どちらの考え方?


または、このどちらにも依らない考え方でしょうか^^

Mote Oo EducationによるPixabayからの画像



発音については、色々な意見があると思います。


どれか一つの正解って無いです。


私の考え方は

「発音は普段からしっかり意識して練習する。

その上で、本番のコミュニケーションの時は自分の発音を気にせずに堂々と話す」


のがいいと思っています^^


最終的に、ネイティブを目指さなくてもいいのです。


ネイティブ英語じゃなくていいけれど、しっかりと「通じる英語」になるために、日本にいる時、英語教室で学んでいる時にはしっかり発音を意識して、必要な練習を積みます。


で、英語を使う本番は細かい発音気にせず、言いたいこと言うのに集中する。


お世話になっている歌の先生が、きっちりボイストレーニングをしながら、歌の本番は細かいこと何も考えず歌いなさい、おっしゃいます。


同じだな、と思いっています^^


普段練習していれば、本番で何も発音について考えなくてもそれなりに英語らしく話すことが出来ます。


最初から「発音を気にしない!」として練習までしないのは、もったいなさすぎ!!!


英語の発音は、スポーツと同じです。


日本語で使っていない英語の筋肉を、使うための筋トレ。


スポーツも練習すれば、プロにはなれなくてもそこそこ「楽しめる」レベルにはなるのと同じで、英語だって「英語らしい発音を楽しめる」ようになります^^


子どもは発音を習得しやすいので練習は特にお勧めですが、大人だって練習すれば変わってきますよ^^


大汗かきながら、発音練習に七転八倒するのも、楽しい経験です。笑


私も留学時代、前半では「walk 」と「work」の発音が同じになっていて、通じませんでした。


workの 「or」の音を作る筋肉がなかったのです。


でも練習して work を言えるようになり、通じた時の嬉しさは、やっぱり忘れませんよ!!!


子どもは何も言わなくても、聞いた音をそのまま真似して発声し、次第に英語筋肉をつけていく力があります。


日本語OSがガチガチじゃないため、外国語の音に対する許容度も広いのです。


大人は日本語OSがきっちり出来ているため発音はそれないりに苦労しますが(笑)、楽しく取り組めば必ず変わってきます。


どうか、子どもも大人も「英語の発音だってやれば出来るようになる」という心構えで、前向きに楽しく取り組んでほしいなと思います^^


もちろん私は、目の前の生徒さんは全員出来るようになると確信して、いつもレッスンしています。



今日は英語の発音に対する心がまえのお話をさせて頂きました!


子どもたちの夏休みも近づいて来ましたね。


全国で短い夏休みのことと思いますが、親子でいい時間を過ごされますように



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



中学英語に「楽勝」するために小学生のうちにやる事

中学英語に「楽勝」するために小学生のうちにやる事

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

小学生のレッスンで、発声練習で何曲か続けて英語の歌を歌うのですが、先日リクエストを募った所、半年前の歌がリクエストされました。


昨年の秋にクラスでやった歌。

自然科学の現象を表す英語がたっぷり詰まった歌です。

自然科学なんて言ったら、ちょっと難しい??

そうですね。

小学生向けの英語としては難しいかもしれません。


でも、


(1)歌を習う前に、場面ごとのイメージをみんなでイラストで起こして

(2)その生徒さん書き起こしの愛着ある教材を使って

(3)リズムに乗って何度も歌う


から、実際には楽しんでいいるうちに勝手に覚えていき、それを忘れないのです。



この歌に出てくる英語表現。


Plans are growing (植物が育ってる)
Birds are flying(鳥が飛んでる)
Rivers are flowing(川が流れてる)
Whales are diving(クジラがもぐってる)

Dark clouds are forming(黒い雲が立ち込めてる)
Rain is falling(雨が降ってきた)
Lighting is flashing(稲妻が光ってる)
Thunder is crashing(雷鳴がとどろいてる)

Big gorillas are stomping(大きなゴリラが歩いてる)
Alligator is chomping(ワニが口をパクパクさせてる)
Bugs are crawling(虫が這っている)
Snow is falling(雪が降っている)



これだけの表現を、1度習って半年以上覚えているんです^^

これが、歌の力^^

実はこの英語、「現在進行系の単数・複数の例文」の演習でもあるんです。


中学で習う「現在進行系」の文章。

「主語に合ったbe動詞」+「一般動詞のing型」


と説明されます。


小学生にコレを言っても「なんのこっちゃ」と意味不明。


小学生はまだ抽象概念を理解する力が育っていないので、全くピンとこないのです。


分からない→つまらない→英語が嫌い、になり始めます。



でも、小学生のうちにこれだけ何種類もの「be動詞+一般動詞のing型」の表現を知っていたら、、、、


中学で習ったときに、

「あ、これ知ってるわ。ほんとにそうなってるわ」


と納得するんです。


中学生になると、文法説明のような抽象概念も理解出来る。


その時に、抽象概念に対する「具体例」をたくさん持っていると、


習った時にすっと定着するんです^^


つまり、習った時点で腹落ちし、結果「中学英語って楽勝!」^^



まとめると、

(1)小学生のうちに、文法的な構造を気にすることなく、シンプルな英文にくり返し触れる。

(2)中学で文法構造を含めて理屈で理解し、定着させる。


ということになります^^



このように、年齢・能力に合った方法でインプット→定着をさせていくと、ストレスなく・効率的に英語を習得していくことが出来ます^^



小学生のうちにリズミカルに沢山の英語を覚えられるレッスンの詳細はこちらからどうぞ^^


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



保護中: ソングリッシュ通信(小学生クラス)

保護中: ソングリッシュ通信(小学生クラス)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。





きちんとお勉強する英語スクールが、我が子に合わないかも?と思ったら

きちんとお勉強する英語スクールが、我が子に合わないかも?と思ったら

こんにちは^^
松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


「これからの時代の子どもたち、やっぱり英語もできないとな〜〜〜」


そんな風に考えている親御さんはいま、とっても多いですよね。


そして、子どもさんがある程度の年齢になったら英語に触れる機会を作ろうと、英語教室を探す人も多いと思います。

その時、、、

「しっかりしたカリキュラムできちんとお勉強している学校」

が魅力的に写ったりしますか??



それもわかります。

わかりますけど、実はちょっとこんな観点からも考えてほしいんです!!!


英語を身につけるって、学校や英語スクールにいく「だけ」で完成しますか?


学校の勉強や、スクールのカリキュラムを確実に「こなす」こと、、、なんならその結果テストや英検でいい結果出して、、、英語って使えるようになっていますか?


そうでもないですよね?


与えられたプログラムを全部やったら、英語が出来るようになっているほど、簡単じゃありません。


それで英語が身に付いて使えるようになっているなら、「英語の勉強大好き!」な日本人に、もっともっと、英語が使える人が沢山いるはずです。


ここ、真面目な日本人が陥りやすい落とし穴なんです。

与えられたものを、早く確実にこなすという「典型的日本型の勉強方法」では、英語って身につかないんです!!



では、どんなやり方をしたら英語って身につくの???


それはね、

英語学校なり英語教室で学んだ結果

「英語をさらに自力で学んでいく意欲と学ぶ方法(の探し方)を身に着けている」

ようになっていたら、身につくんです^^



英語教室って、一生通うものではありません。


そして、英語教室に通っているだけでは「英語を身につけて使える」ようにならないんです!!


(本当ですよ〜〜〜!)


だって、英語教室は英語教室の世界だけ。


英語教室を出て、本当に世界に出ていった先で、どんどん使ってほしいんです!!

ソングリッシュクラブ英語教室では、レッスン中の課題にしても、家でやる宿題にしても、多くの「自由度」があります。


● 幼児さんクラスでは、講師がカリキュラムを時間できっちり区切ったりせず、子どもたちが夢中になるものがあれば、そこに沢山の時間を割きます。


● 小学生クラスであれば、レッスン時間の割り振りをみんなで考えたり、ゲームのルールを相談して発展させたり


● 宿題も「先生から言われたことをやってきた時は1ポイント」「先生に言われない事を自分で探してやってきたときは2ポイント」主体的に取り組んだ方が高得点!!!


● 中学生のレッスンでも、学校の勉強についていくだけじゃなく、最後の時間に「自分のやりたい英語」を講師と協同でやる時間を取っています。

講師から与える課題の多くは「半課題」。


子どもたちが英語の基礎を身に着けながら、自分で学び方を探して行けるように、事細かにプロセスを指定せず、生徒たちが試行錯誤する余地を残しています。


英語の歌を歌って演出を考えてビデオに残そう!

の課題の時だって、子どもたちがどんどん進んで、ビデオみて映像チェックし


「歌詞カードは持たないほうがいいね」

「カメラ目線じゃないとね」


反省点を踏まえてTake2、とどんどん進んでいきました。


子どもたちの独創性が爆発して、講師が考えるよりもずっと楽しい作品が出来上がります!!


子どもたちが面白がって色々やりたがる心と態度が身についていれば、英語だって何だって、自分から学んでいくことが出来ますよね^^


ソングリッシュクラブでは「英語を学ぶ」を通して「自ら主体的に考え、行動する子」の育成を目指しています。


幼児さんクラスに引き続き、小学生クラスも教室レッスン再開の準備をしています。


レッスン詳細と体験レッスンの日程はこちらをご覧ください^^








教室レッスンと家での英語習慣化で、ぐんぐん英語を吸収させる幼児クラスの募集再開!

教室レッスンと家での英語習慣化で、ぐんぐん英語を吸収させる幼児クラスの募集再開!


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


松本地域のコロナ感染状況も今は落ち着きを見せていますね。


都市部での第二波などが報告され始めているので完全に安心は出来ませんが、ソングリッシュクラブでは、一旦全てオンライン化していたレッスンを教室レッスンに戻す準備も進めています。


同時に、春から延期になっていた、乳児さん・幼児さんの体験レッスンも再開することにいたしました!


このコロナ自粛期間中は、沢山の行動制限があり、思い通りにいかないことも色々ありました。


それでも、家で楽しく出来ることもあるな、おうちで家族揃って過ごすこともまた幸せなんだなと分かった時間でもありました。

低年齢の子どもたちの英語に関していうと、

・教室で先生やお友達と楽しく学ぶ英語
・おうちの生活なかで親子で楽しく触れる英語

の組み合わせがとっても大切で、効果もバツグンだと実感した期間となりました^^


英語を身につけるって、ある程度「量」の確保が必須なので、どうしても週1回のレッスンだけでは大きな効果が見込めないことが多いのです。


(ピアノを習っていても、レッスンの時間以外に何も練習しないと上達しないのと全く一緒です、、、私、子どもの時にピアノを習っていましたが、こんな子でした💦)


英語は、楽しんで、続けてこそ身につくもの。


だからこの「続ける」も、子どもか親のどちらかがシンドイと、続かないのです!


そして、英語レッスンの効果がとっても限定的になってしまいます。。。。


おうちでなかなか英語に触れさせる時間がとれない場合は、子どもさんか親御さんに「シンドイ」要素があるはずです。


ちょっと、振り返ってみてくださいね^^


ソングリッシュクラブ英語教室では、レッスン中存分に英語を楽しみ、おうちで「シンドくなく」英語に触れられる、、触れたくなるような作戦を、乳児さん・幼児さんのレッスンにどんどん盛り込んでいきますよ^^

体験レッスンの日程はこちらになります。

■ 乳児・親子レッスン(2〜3歳の子どもさんとママさん)
※親子での受講となります。

6月
15月、16火、22月、23火

7月
13月、14火、20月、21火

時間:午前11時〜11時40分
場所:並柳教室


■ 年少〜年長レッスン(年少に入っている3歳〜6歳)
※子どもさん向けのレッスンになりますが、親御さんの見学・同席可能です

6月
16火、23火、28火

7月
8水、15水、22水

時間:16:30〜17:15
場所:並柳教室

6月
13土、27土

7月
11土、14土

時間:10:00〜10:45
場所:並柳教室


ソングリッシュクラブ英語教室のレッスン詳細はこちらを御覧ください

各教室へのアクセス

体験レッスンお申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



「日本語英語」に気を取られて見失っている、もっと大切なこと

「日本語英語」に気を取られて見失っている、もっと大切なこと

こんにちは。松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


今日は、「みんな気になる”日本語英語”」についてお話したいと思います。


我が家の小4の息子、NHK基礎英語1を聞いています。


小3の始めぐらいから聞き始めましたが、このプログラムを聞くのが性格に合っているようでまだ続いています。

そんな息子がいいました。

「ねえ、基礎英語1の先生の英語ってけっこう日本語英語だよね〜?」

なるほど、なるほど。


どの人の英語が日本語英語っぽいのか分かってきたし、気になるというわけだね。


そこまで英語が気になっている事は、とってもいい傾向です^^


で、確かにNHKの先生、「ネイティブかどうか聞き分けられない!」というような英語の発音ではありません。


日本語英語ってほどでもないんですけどね(汗)


聞けば、日本人が喋っていると分かる英語です。

そんなことに関心を示した息子への私の答えは、


「確かに日本人が話しているって分かる英語だね。

でもこれで十分通じるし、何もおかしくないよ。

私達が目指すのは、英語の国の人みたいにしゃべることなじゃくて、

日本人として堂々と「通じる英語」を使うことだから


というものです^^

国際社会で英語を使う時「自分の発音が悪くて恥ずかしい」と思っているのは日本人だけです^^;


(他の国の人、母国語の訛りが強いことったら、、、、!!)


実際、わかったようにネイティブっぽい相槌をうちながら、何一つ自分の考えを言わない方がよっぽど恥ずかしいですし、信用もされません!

それより、日本語アクセントでも懸命に自分の考えを表したほうがいい。

信頼され、仲間になれ、次からも話しかけてもらえます!!



発音に自身が無い人は「自分の発音が悪いから会話が盛り上がらない」と思うかもしれませんが、


そこは、見られていません!!(笑)


(しいていえば、英語話したい日本人から見られている程度。)



発音に気を取られて恥ずかしいとモゴモゴ喋るかもしれませんが、他の人が耳を傾けている対象は、「ネイティブっぽく話すか」どうかではなく、「何を伝えようとしているか」です^^


そこ、勘違いしていたら今すぐ修正してくださいね^^

そして「自分の言葉で何を伝えたいのか」を必死で考えてください〜!


(実は日本人にとってはこれが発音以上に厄介だったりするのですが、それはまたおいおい。)


ソングリッシュクラブのレッスンでは子どもたちには、自然な英語の発音やリズムが身につく練習方法をとっていますが、

自分の発音なんか気にせず、どんどん口から英語を出してみる「心」も育てています^^



知ってる英語を使って表現できるか出来ないか、「心」の影響もとっても大きいので^^


英語の発音が英語らしい音で出来ることは、子どもたちにとってもワクワクする体験なので、もちろんそれをワクワクと楽しむことは大切です!


でもそれと同時に、細かい発音にとらわれず、知っている英語を使って伝えてみたい!色々聞いてみたい!の気持ちを育てることも、常に意識していきたいですね^^


ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子





コロナによるオンライン化時代に向けて私達が今出来ること

コロナによるオンライン化時代に向けて私達が今出来ること

長野県松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

久しぶりのブログ配信になります。

新型コロナの影響で、世界中の人々が影響を受けていますね。

明らかに歴史が変わっていくだろうと誰もが感じていることと思います。


3月は急に始まった子供たちの休校、自分の定期クラスのオンライン化などでなかなか周りに目を向けることが出来ませんでした。


ようやく自粛生活にも慣れてきて、沢山の情報がある中でも、「今ここ」の自分に出来ることはそう多くない。


毎日の生活でやるべきことは絞り込まれてきたなと思える様になりました。

この1ヶ月半で生活がガラリと変わりましたが、その中でも特徴的な「オンライン化」について色々思ったので、今日はそれについて書きたいと思います。

急速なオンライン化への流れは避けられない


既に体感している方も多いと思いますが、外出自粛の要請からリアルの場での集会ができなくなり、沢山のものがオンライン化されています。


3月、4月でも急に学校にいけなくなった子供たち、家庭に沢山のオンラインサービスが提供されました。


私も自分のクラスの英語レッスンを3月1週目からオンライン化し、最初は「教室レッスンのほうがいいな」と反応していた子どもたちも、慣れてきて楽しんでくれるようになりました。


でもこのオンラインサービスって「休校期間だけ、外出自粛期間だけ」の急場しのぎの流れでしょうか、、、?


たぶん違いますよね。


そもそも、このコロナ生活はきっと長期化します。


休校がいつまでか、自粛要請がいつまでかは私もわかりませんが、ある程度のピークを超えて収束していくまで、ピークの山が低ければ低いほど時間がかかります。


つまり、日本はこのタイプだと思っています。


日本人が頑張った結果、コロナが収束の方向に向かってきたとしても「なんとなく」「念の為」「できるだけ」人と集まりたくないという心理は根強く残るでしょう。


なので、オンラインのサービスはこれからもどんどん発展し、数・種類も豊富に、使い勝手も良くなっていく方向ですね。



でもって、オンラインの利便性があがると、今まで現場が当たり前だったのが


「あれ?わざわざ出かけなくてもよくない?」

「移動の時間とコストが無いってなんて楽!」


って事になり、「オンライン当たり前」のものもどんどん増えてくると思います。


それが、これからのオンライン化の流れだと考えています。


でも、オンラインを活用しない人もまだまだ多い


それでも、3月からのこの生活の中では、オンラインのサービスを積極的に活用していない人もまだ多いなと実感しています。


その理由は

・  スマホしかない

・ パソコンがない、苦手

・ 家にWifiやインターネット環境がない

・ 携帯の契約ギガ数が少ない

・ 子供に画面ばっかり見せてるのはどうかと思う


 特に必要性を感じない

・ なんとなく(難しそう、心配、怖い)


あたりが主流です!

心当たりあるおうちも多いのではないでしょうか。

今まではそれでも全然大丈夫でした!

これからも、オンラインなしでも不自由なく暮らせていける可能性もまあ、あります。



でもコロナで確実に時代が変わります。

「オンライン」があるのとないのでは、選択の幅が大きく違ってきます。

つまり、嫌な言葉ですが「格差」が広がる要素の一つとなります。



休校が続いて、学校の授業がオンライン配信されたら?

授業時間が少なくて急ピッチで要点をかいつまんだ授業になり

フォローアップのオンライン授業が民間から安価に提供されていたら??



「オンラインはちょっと苦手」では親としてもちょっと心もとないのではないでしょうか。

なので今は、来たるべき時代に備えて、おうちでオンライン対応を積極的に検討する時かなと思います!



※「あると無いとでは選択肢の幅が全然違う」のは英語と同じなんです。

だけどオンライン化は英語よりも手っ取り早く手に入れることができます!(笑)


オンライン対応は何から始めたらいい?


重要性は分かったけど、、、ではどうしたらいいの??


そうですよね。


オンラインはちょっと、、という場合、何から手を付けていいか分からない方も多いと思います。



まず最初は、今あるスマホのままでOK、契約ギガ数のままでOKなので、オンラインのサービスを気軽に使ってみる。


Youtube見るだけじゃなく、ネット上の教材とか、ライブのレッスン受けるとか。


休校中の子どもさんに向け、沢山のオンラインサービスや教材が提供されています。

無料のものから少額で出来るものもたくさん!



ソングリッシュクラブでもまた、気軽に参加できるオンラインイベントなんかやろうかな〜と思っているのでそういうのに参加したりとか。


まずは「ちょっとやってみる」大事です^^

それで子どもさんが楽しめたり、楽しく勉強出来たら私達も嬉しいですよね!



それで、オンラインも悪くないなとおもったら次は例えば、スマホの契約ギガ数を上げることを検討したりとか。


オンラインでのサービスを気軽に受けるには、家にWifiがなく契約が月に3ギガとかだとやっぱり心もとないです。


スマホでも通信量さえ確保できれば多くのサービスを利用することが出来ます!



でも、あの小さい画面で、、、親のスマホを占領されて、、オンラインのサービスを何時間も受けるのは、あまり快適では無いかもしれませんね。


かといって、いきなりパソコンを買っても高いし、使いこなせないかもしれない、、、


そんな時は、別の作戦

「中古のタブレットを買ってみる」のはなかなかいいですよ!


通信方法は、家にWifiがあれば家のWifi環境だけで使う。

Wifiがなければスマホのテザリング機能などを使うことになります。



その意味で、スマホの契約ギガ数を上げる、または家庭へのインターネット回線の導入も同時に検討されてみては、と思います。


コロナ生活が長引く、その後も時代が変わることに対する備えとしての導入です♪


うちでは使っていませんが、月額利用料がお手頃なポケットWifiなどを見てみてもいいかもしれませんね。


(通信に関してはすみません、プロじゃないんで通信屋さんなどにご相談くださいませm(_ _)m)


中古のタブレットなら数万円で買えるものも多いです。


これを機にネットなどで見てみてはいかがでしょうか?

我が家でのとタブレット活用状況


ちなみに、我が家も中古タブレット、iPad活用しています!


親の携帯やパソコンを勝手にいじってほしくないので、iPadを子ども専用機にしています。


iPadは親がいるところで使う、が約束で、パスワードは親が管理しています。


iPadにはYoutubeとZoomと、子供専用の学習アプリなど試してみたいものを少し入れています。


インターネットブラウザは入れてません。


小4男子、小1女子の子供が自由にネットの世界を回遊するのはまだ危険と思っていますので。


Youtubeは子供用「制限付きモード」をONにして。


Youtubeアカウントは私のIDでログインして、チャンネル登録や視聴履歴など、親がいつでも見られる状態にしておきます。


(妙な番組がチャンネル登録されていたら、勝手に削除。笑)


アプリがいくつか入っていますが、今はほぼ「Youtube再生マシン」です。笑


でもいいんです!


なぜって、、、iPadを導入した時に「英語の番組だったらこれで自由に見ていいよ」といって子供に渡したからです。


最初は私がおすすめの子供向け英語番組を見せていましたが、次第に勝手に番組を変えるようになり、今では自分の好きな英語番組を見ています。


休校中なので、兄、妹ともに一人1時間の持ち時間があり、自由に英語番組を見ることが出来ます。



それでも二人共、時間を見つけては毎日「英語番組1時間」権利を使い切って、すっかり英語番組を抵抗なく見るようになりました。



我が家の子どもたち、英語を理解できているのかって?

英語の単語、表現一つ一つを理解出来ているとは思えませんが、映像と音の様子で、番組の内容は理解しています。

そして英語へのExposure(さらされること)の確保。

英語が出来るようになるには、英語へのExposureがあり、抵抗なく見聞きするのが何より最初のステップです。


この習慣がついただけでも、iPadを買った意味はあったと思っています。



もちろん、子ども用のオンライン授業などを受ける時がきたら、これでどんどん受けさせることが出来ます。



我が家で子ども用にiPadを導入して、明らかに子どもの「英語に対する態度」が変わりました。


英語で話しかけても嫌がらなくなり、気が向いたらめちゃくちゃな英語でふざけながら答えてくれるようになりました。


このめちゃくちゃ英語がとっても大事!!


「正しくない英語は喋っちゃいけない」からの開放です。


他の英語アプリにも興味を示し始めました。


このLINEやブログを読んでくださっているお母さん達は「子ども達は英語に親しんでほしい」と思っている方ばかり。


是非、検討してみてくださいね^^


子どもさんの英語時間の確保と、今後のオンライン時代に向けて、ぜひぜひ新しい時代を味方につけていってほしいと思い、長〜〜〜〜いブログを書いてしまいました。


ここまでお読みいただきありがとうございました!!


「読んでみたけど、これはどうなんだろう?」と気になる点があったり、


「我が家はこうしています!」などあったら、ぜひぜひ教えて下さいね!



それでは、今日はこの辺で。



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子





子ども達が「体験」からよりたくさんの「学び」を得る方法

子ども達が「体験」からよりたくさんの「学び」を得る方法

こんにちは^^

ソングリッシュクラブの木場陽子です。


Happy New Year!!


みなさま楽しいクリスマス、お正月を過ごされたでしょうか。

保育園、幼稚園や学校もそろそろ始まり、
大人もお正月モードはどこへやら、、、
平常運転スタートですね。


長期の休みになると、
子どもたちは色々な体験をしますよね。


親として、
子どもたちに色々見て、聞いて、体験して
そこから色々感じて欲しい、
学んで欲しいと思います。


私たち親が、子どもに与えられるのは
そういった「きっかけ」を与えること。
私もそんな風に考える一人です。


そして親の目線としては、、、、
色々な「体験」を通して、たくさんの「学び」を得て欲しい。


親のエゴ含め(笑)
そんな気持ちが少なからずあると思います。

色々な体験から沢山の「学び」を得て欲しい。
今日は、それをより効果的にする方法をご紹介しますね。


「体験」を「体験学習」にするためには、

あとからの振り返り

が必要だと言われています。
やりっぱなしにしないことです。


それも、漠然と振り返るのではなく、
具体的に「何が」「どうだったか」を
掘り下げて振り返る。


振り返ることで
子ども達は自分の体験を
もう一度記憶の中で再生します。


それを言葉で表現することで、
その「体験からの学び」が
子どもたちの中に定着します。


たとえば、息子と冬休み最終日に冬休みの振り返り。


母「もう冬休みも終わりだね〜。今回の休みはどうだった?」
息子「えー。たのしかった」


ここで完結するの、
とっても残念なパターンですよ!!笑
子どもにありがちな、一往復完結型。笑

でも質問の仕方を具体的にしていくと、
子どもからもどんどん出てきます。


母「何が一番楽しかったの?」
息子「えー、いとこと遊んだことかな」


母「いとこと色んなこと出来てよかったよね。何が一番よかった?」
息子「やっぱりスキーかな」


母「スキー楽しかったよね。今回のスキーでは何かうまくなったと思えるところある?」
息子「うーん、、曲がるのがうまくなったかな」


母「そうなんだ!なんで曲がるのがうまくなったな〜って自分で分かるの?」
息子「えっとねえ、、今までは小さくしか回れなかったんだけど、今回は大きいカーブで曲がれたんだよ」


母「へー。大きいカーブで曲がったほうが上手なの?」
息子「そうだよ。楽しいし、疲れない。あと、、、カーブが怖くなかった」


母「そうなんだ!どうやって大きいカーブで曲がれるようになったの?」
息子「どうだったかな、、、確か、、あーして、こーして、こうやって体とスキーを使ったら出来たかな」(詳細説明。)


母「へー!すごいね。そうなってるんだ。じゃあ今度1月に学校のスキー教室があるから、同じようにやってみたらいいね!」
息子「そうだね!僕こんなにうまくなっちゃったから”初中級”じゃなくて”中級”クラスを希望すればよかったね」(調子ノリ)

こんな感じでしたね^^

漠然とした質問には、漠然とした答えしか返ってこない。


・広めの質問から具体的質問への流れ
・子どもに教えてもらう気持ちで聞く
・「なんで●●なんだろう?」と問いかけ、子どもが「なんでだろ?」と考えて自分で考えを整理させる


そんな心づもりがいいようです^^


振り返り、、、英語では”Reflection”


鏡に自分自身を写してみるということですね。


やりっぱなしにせず
Reflection(鏡に写った姿)を見て
何が出来たか、何をカイゼン出来るか
考えるというプロセスです。


国際バカロレア教育プログラムの
カリキュラムでもこの「Reflection」は
とても大きな要素として扱われています。


そのぐらい、子どもたちの学びの成果に
影響があるということなんですね^^


ぜひご家庭でも
「振り返り=Reflection」やってみてくださいね!









Scroll Up