指示待ちっ子を作らないレッスンです

こんにちは。
松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブのレッスンでは、小さな子のレッスンでも、全てを事細かに指示することはしていません。


全てを細かく指示って、例えばこれ。


Let’s color the hat in red with a crayon.
(帽子をクレヨンで赤に塗ろうね)


先生がこんな指示を出したら、生徒たちは

・hat
・red
・crayon

とたくさんの英単語に親しめますし、生徒たちは一斉に赤のクレヨンを手にとって帽子を塗ります。


「何をどう作業するのか」は極めて明確。


みんな同じ作業を一斉にやるので、先生もどの生徒が理解しているかしていないか、どの生徒がちゃんと出来ているか出来ていないか、一目瞭然です。

でもこれだと、生徒がやっていることは

「先生の言うことに忠実に従う」という作業。


「ハイ!すぐにやりました!次はなんですか、先生!!」


と、意気揚々と先生の顔を見る。


そんな展開が予想されます。


それは、社会に出て上司の言うこときっちり守り、「言われたことだけやって、後は指示待ち」の原型だと思っています。


これからの子供たちは「指示待ち型人間」では輝いて生きていくことが難しいと思います。



なぜなら、指示を受けて忠実に素早く実行するのが一番得意なのはAIだからです。



AIと競う場所で、勝ち目は有りません。



だから、ソングリッシュクラブのレッスンのやり方は、

”Let’s color the hat!”

ここまで^^

Any color is fine,
You can use anything to color.
Do you want to use crayons? color pencils? markers?

何色にするの?
何で塗るの?



全て先生の指示を、待たないでね。笑




子どもたちには、どんな時も

「自分で考えて、選択して、行動する。」

そんな自由と意思を持っていてほしい。



そこから、何でも自律して学べる・行動できる子になってほしいと考えています。



それが主体性のある子どもですよね。



「英語を学ぶ」を通して「主体的に行動する練習」も積んでいきましょう!!

Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください