英語を通じやすくする「超」便利技とは?


こんにちは。松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


英語の範囲話すときに「ジェスチャー」を使うといいって、聞いたことがありますか^^


聞いたことがある人も、多いと思います。


ジェスチャーって日本語であまり使わない「身振り手振り」のことです。


でも、何か英語を話さなきゃということに精一杯で身振り手振りのことなんかまで頭が回らないですよね。


でも、ジェスチャーを使うと少しの英語でもコミニケーションしやすくなるんです。


というか、英語たくさんしゃべれなくてもコミュニケーションが成立するようになるんです!!

ゼスチャーってそもそもどんな感じのものですか


ゼスチャーと聞いて「あなるほどね」と思う方は、もう既にゼスチャーを使える方だと思います。 


でも「ゼスチャーって聞いたことあるけどそもそもなに?」という方もいると思います。 


ゼスチャーって、例えばこんな。

How’s the weather today?
 →窓の外を見て天気を確認

What time is it?  
 →時計を見て時間を確認

How many birds?
 → 指差して数える


聞こえてきた英語に対して「身振りで反応する」ことです^^

それってどんな効果があるの


英語ではなしかけられたとき、まず「英語で返さなきゃ」と焦ってしまい、返答が遅れます。



でも、ジェスチャーがあるだけで英語を端で話しかけた人は「自分の英語が伝わったんだ」ということが伝わります。


実はコレ、コミュニケーション上ものすーーーーーーーーごく大事。


相手が何も反応してくれないと話し手は「自分の英語がわからないのか?気分を害してしまったか?何か相手に問題があるのか?」とっても心配になります。 


でも、自分の質問が理解されたと知るだけで「ものすごい安心感」。


ついでに、答えるための助け舟も出しやすいし、もしかしたら


「What time is it?」と聞かれて時計の方を見たまま困っていれば、そこに時があるのと話者が分かり自分で時計を読んでくれて問題解決することもあるかもしれません!!


それが出来れば、一言も発しなくても「英語の人とコミュニケーション成立!!」です^^


え、もっと話したい??


はい。そういう方はもちろん、英語の発話もどんどんして下さい♪


でもゼスチャーなんてすぐに出てこない!


ジェスチャーを使わない日本語私たちには当たり前です。

じつは、ゼスチャーを使うにもある程度練習が必要なんです。 
 
日本語と英語、文化が違うのでやったこと無いことは練習して出来るようにする。


これは、当然必要ですよね^^


ソングリッシュクラブのレッスンでは英語の質問を聞いたらその質問に対して体が動くように、という練習しています。 
 

例えばこんな感じ。

How’s the weather today?
 →窓の外を見て天気を確認

What time is it?  
 →時計を見て時間を確認

How many birds?
 → 指差して数える




英語でのコミュニケーションをしやすくなるものはどんどん使いましょう



英語を使ってコミニケーションできるようになりたい!と思って英語を学んでいる方は多いと思います。



その時は是非、「口から英語がペラペラ」でてくることだけを目指すのではなく、相手と気持ちよくコミュニケーションが進むための色々なアイテムを使うよう、心がけてみましょう!



伝わった!伝えたい!を助けてくれるゼスチャーを使って英語の思っていた以上に話が盛り上がったら、「発音に自信ない、、、」なんてことは、一気に気にななくなり、コミュニケーションが楽しめると思います!!



今日もお読み頂いてありがとうございました。

ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください