理想は寺子屋。1時間で区切るなんてナンセンス

理想は寺子屋。1時間で区切るなんてナンセンス

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

英語教室をしていていつも悩ましいのは、時間で区切ってレッスンを切り上げなければいけない事。 


小学生さんは、ノリノリのお題に取り組んでいる時には1時間の区切りでは、学びの区切りがついていない事もあります。 

課題によっては、終わりの時間が来た時、ようやくあったまってきたという時も。 


本当は「◯学年クラス◯時〜◯時:60分」なんて区切らず、


学校が終わったらワラワラ来て、


自分の課題に取り組んで「よしっ!」と思うまでやりたいだけやって、


「うん、今日もやりたい事出来た!」と納得して清々しく帰る。


みんな同じ課題なんかじゃなくて、自分が興味あるテーマにとことん向かってく。


そんな学びの場を作りたい。


それが「教えてもらう」んじゃなくて

「自ら学ぶ」と言う事だから。



そして、英語習得に本当に必要な力は「自ら学ぶ」力だから。


でもそれを実現するには生徒たちも、私自身も、克服しなきゃいけない課題があるんですよね。


今年はそれを実現化する方法を考えようと思っています。



週1回1レッスン◯時間、の学びの限界を感じています。



最後までお読みいただいてありがとうございました。


ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up