月: 2020年7月

公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

公式LINEでは「お母さんが子どもの英語環境に迷わなくなる」本を紹介します^^

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

ソングリッシュクラブ英語教室では、このブログの他に「公式LINE」で英語教育に関する情報をシェアしています。



「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているママさんにご登録頂いています。


英語レッスンを受けさせている方もいますし、おうち英語をなさっている方もいます。


昔は英語をきちんと習得しようとするにはやっぱり留学というのが一番の王道でした。


でも、それって本当に20年以上昔の話。


今は、留学しなければ英語を習得出来ないなんてこと、ありません。


むしろ「英語習得」だけのために留学するなんて、時間とお金がもったいないなあと思います!!!


更に言うと、英語を習得する目的でに大学の「英米文学科」といったものを専攻する。


これも、時間とお金がもったいないと思います。


過去の、大学の英米文学科卒業の方に向かって言っているのではないのです。


誤解なきよう、お願いしますm(_ _)m💦


今の時代、大学で「言語を習得する」時代ではないですよと言っております。


色々な情報ツールが発達し、言語習得について様々な研究がなされ、その研究に基づいて沢山の英語教育がされてきました。


その結果、「留学」や「大学での専攻」なしに、英語を習得することが可能になってきています。


私自身も、そこに大きな可能性を感じている一人です!!!




その環境の中、今は英語勉強法に関する本もたくさん出てきています。


書店に行くと、色々な本画あります。


ネットでは、さらに色々な情報があります。


「子どもには英語で困ってほしくない!」と思っているお母さん方が、子どもに英語を触れさせていても、触れさせていなくても「これでいいのかしら?」という迷いが、常にありますよね。


ソングリッシュクラブの公式LINEでは、そんなお母様がたの不安が少しでも解消され、人と比べず「我が家はこれでいいだ!」と自信を持って、楽しく英語ライフを送れるように、私が厳選した本をご紹介していきたいと思います^^




これからの時代、沢山ある情報の中から自分に合うものを厳選して読み取り、そこから自分で判断して行動していく力が求められます。


「これだけやってれば絶対大丈夫」なんていうベルトコンベアーはありませんよ^^


ぜひ、一緒に色々な本を読んで学び、自分達の英語ライフをつくっていきましょう!


紹介は、こちらのソングリッシュクラブ英語教室公式LINEから行います^^



早速、8月1日(土)の晩にとっておきの1冊をご紹介する予定です。


登録してお待ち下さいね。


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!

歌から入る英語の大きなメリット5つ知っていてください!


こんにちは^^

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


当教室では、レッスンを通して沢山の歌を使っています。


歌から入る英語には、たくさん、たくさんのメリットがあります。


今日はそのメリットを解説したいと思います^^

(1)子どもが大好き!自然と口から出てくる

(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる

(3)英語を見聞きする習慣がつく

(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ

(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる



ざっとあげただけでも、これだけ出てきます。


ちょっと解説しますね^^



(1)歌は子どもが大好き!自然と口から出てくる


子ども達、保育園や幼稚園でもたくさんの歌を歌います。


親がおどろく程難しい歌詞の歌も(パプリカとかもその類です)しっかり歌えるようになります。


楽しそうに、何度も口から自然に出てきてしまいますよね^^


英語でも同じことが起こります。


ソングリッシュクラブ英語教室では、年齢や学年に合わせた難易度〜すこーし難しめの歌を選びます。


難しすぎるかな、と思っても大丈夫。


子ども達は聞いた音をそのまま真似る天才なんです❣


それに、幼少期の英語の場合、楽しくなければやりません。


「英語をやっておけば将来有利。学校で楽出来る」なんて理屈ではやっていません。


理屈はともあれ、子どもたちが無条件に「楽しい!」と思えるのが、明るい音楽と楽しいリズムの付いた、歌なのです。


(2)レッスンでやったことを無理なく家で繰り返せる


英語のレッスンに行って


「今日レッスンでやったこと、ママの前でやってごらん?」


と言った時、レッスンでやった英会話をそのままやる子っているのでしょうか?


フラッシュカードで言えた単語を言うぐらいは、するかも知れません。


でも歌は、習った英語をまるごと、何度でも自宅で練習出来ます。


練習、というか、遊びの一貫で子どもたちが自然に家で歌っているというママたちからのお声を多数頂いております^^


(3)英語を見聞きする習慣がつく


この「英語を見聞きする習慣をつける」というのは、実はとってもとっても大切です。


英語って「定着」しなければ使えるようになりません。


レッスンで「出来た!」と思ったものも、レッスンでやるだけならその場限り。


子ども達、覚えるのも早いですが忘れるのも早いんです^^;


何度も何度も英語を聞いて、声に出して、ようやく忘れないところまで定着します。


そのために、家でも何らかの形で英語に触れる事が重要なのです。


でも、お教室で使っているフラッシュカード、家でやりますか?


お教室で習った英会話、毎日親子でくり返しますか?


それも毎日???


英語の歌なら、毎日少しの時間でもかけ流すことは簡単に出来ますし、子どもたちに「英語が聞こえてくるのが当たり前」の環境を簡単に作ることが出来ます。


「宿題」として英語に触れるのは、こどもにとってつまらない義務。


宿題以外の形で、自然に英語に触れさせてあげたいと思いませんか^^


歌は遊びの延長だから、最適の教材なんです♪


(4)聞く耳と発音出来る口が一度に育つ


よく、英語耳っていいますよね^^


英語の特徴って、LとかRとかTHとか、日本語に無い音の発音が大事と思われがちですが、実はそれよりも苦戦するのが


「リンキング」とか「リエゾン」と呼ばれる、音のつながり。


単語と単語がつながったり、音が消えたりして、聞いただけでは単語の原型が何なのか、分かりづらいのです。


でもこれ、「何かの単語に分解しないと気がすまない」大人の発送。


歌から入る子どもは、つながって発音される英語の「元の単語」なんて気にせずに、塊で聞いて、塊で歌います。


例をあげますね^^


Put it in the oven for baby and me! (Pat a cakeより)


大人がみたら「プット イット イン ジ オヴェン フォー ベイビー アンド ミー」を一生懸命繋げる作業になります。


でも子どもは


「プリリンジオヴェフォー ベビエンミ!」という音を聞き取り、

これが「僕と赤ちゃんのために(ケーキを)オーブンに入れてよ」ってことだよ、という説明で「そっかー」となります^^


つながった音を先に聞いて、言えるようになるので、それが当たり前になる。


つまり、英語耳と英語口が一度に育つということになります^^


(5)たくさんの語彙に「フレーズ単位で」触れられる


言葉は「単語」の単品で使われることってまずありません。


どんなに短くても


Open the door


とか


Give me the banana

とか。


なので、フラッシュカード一式で “apple”, “dog”, “banana”, “sheep”って言えるようになっても、


そこから英語として使うために、It’s とか give me とか I like といった別のパーツを習って、つなげる作業が必要になります。


でも歌は、単語だけの羅列になっているものは有りません。


必ず、文章や、最低でもフレーズ(句)単位で歌詞になっています。


それをまるごと覚えて歌うので、知らず、知らずのうちに英語の構造を学び取って、文章やフレーズ単位で子どもたちの中に英語が入っていきます。


(暗示的文法学習といいます)


the itsy bitsy spider went up the waterspout♪


♪チビチビくもさん、雨どいを登っていった♪


も、「spider 」「went up 」「waterspout」といった広い語彙に触れながら、同時に文章で子どもたちが覚えてしまいます。


個別の単語をそれぞれ単語帳で覚えて、文法通りにくっつけて文章をつくるのと、どちらが早く効率的だと思いますか^^



こんな風に、ちょっと考えただけでも英語の歌から始める英語には、いいことが山程あります。



よく


「歌だけ歌っても英語喋れるようにならないんじゃない?」


というご意見も伺いますが、


・ 単語だけ習っても英語喋れるようにならない

・ 決まりきったスキットだけ習っても英語喋れるようにならない

・ 文法だけ習っても英語喋れるようにならない


のは、現在の学校英語を見ていたら分かりますよね。



(いやでも、この勉強法を経由しないと英語を勉強した(させている)気になれないという親御さんも実に多いです💦)


確かに英語の歌100%では英語を完全に使いこなすようにはなりません。


でも、英語を自由に使えるようになるために必要な、たくさんの要素が含まれていることを分かって頂けたと思います。



英語を自由に使いこなせるようになるのに、近道は有りません。


それは変わらないですが、それならば、少しでも楽しく、効率的に英語を習得していきたくはありませんか^^


そのうちの力強いツールが「英語歌」なんですよ、というお話をさせて頂きました。



長文お読みいただき有難うございます。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子

■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



「鼻水でる」「天気悪い」「寝てる」で振替して欲しい!

「鼻水でる」「天気悪い」「寝てる」で振替して欲しい!

こんにちは^^


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


コロナを経て、色々な常識が変わったなあ、、と思うところが沢山ありますね。


特に変わったなと思うところは

必要な時に大事をとる



ようになったことじゃないでしょうか^^



コロナ前は、日本人まじめなので、多少具合が悪くても、気合で学校や職場に行っていたと思います。



でも今はみんな自分の体調に敏感になり、少しでも調子が悪いと大事を取るようになったと思います。



いい傾向ですよね^^

そんな世の中の流れをくんで、ソングリッシュクラブ英語教室でもレッスンを柔軟に振替えれる仕組みにしています^^


振替えは、2種類。

・同じクラスの別曜日の振替え

・オンラインクラスへの振替え



複数曜日、複数方式でご用意しておきますので、気軽に振替えてほしいと思っています!!!


子どもの習い事って、お金を払っているので、「支払いをした分はレッスンを受けてほしい」という気持ちはもちろんあると思います。


でも同時に「子どもや自分の調子が悪い時に、無理して行かせていいのだろうか?」というお悩みもあると思います。



なので、少しでも体調に不安があるとき(子どもさんでも、ママさんでも!)無理せずしっかりと休んで、しっかりと振替レッスンを受けてください^^



それから、最近侮れないのが


天気!!!


雨が降っても何かと心配な世の中になりました💦


河川の増水、スコールのような一時的な大雨、台風、、、、


そんな中、「今日はレッスンだから!」と子どもさんを車に乗せて出かける。。。


それは迎える私も、とても心配です💦


もう「天気悪い」で十分振替えの理由になってますので、気軽に振替えてください!!



それから、小さい子どもさんの場合



寝てる


も無視できないリスク要因ですね😊 



せっかくレッスンに出かけようと準備していたのに、その間に子どもさんが寝てしまった。



車の中で寝てしまってレッスンに着いた頃起こせばいい感じなら、是非いらしてください。


寝起きはママにべったりでレッスン見てればいいです。


でも、お家で寝込んでしまった場合は、これまた振替えをしていただきたいなと思います。


寝ている子どもさんを起こすのが可愛そうというのももちろんありますが


お母さんに「子どもが寝ちゃった日は休んでいい」という安心感を持っていただきたいと思っているのです。

コロナを経て、生活の仕方、ものの考え方、行動の仕方に色々な場面で柔軟に対応していくことが必要になったなと感じています。



子どもの習い事というと、定期的に●曜日の●時はどこそこへ行く、という意識があったと思います。


でもその考え方を、教室側も、保護者側も、だんだん緩めていく時代になりました。


学び方も、従来の固定概念を手放して、新しい学び方に柔軟に取り組んでいきましょう!



松本市・ソングリッシュクラブ英語教室

木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

『子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます』

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


幼児さんの英語吸収力はやっぱりすごいなあと日々実感します。

ソングリッシュクラブ英語教室では、沢山の英語の歌を歌います。



・英語の習い始めとしてスタンダードの歌

・季節の歌

・ちょっとむずかしい、憧れの映画テーマソング



などなど。


子どもたちが歌う中で、自然と元の英語発音のまま歌い、「英語を英語らしく、躊躇なく発音する」ことを身につけていきます。



でも、ただ歌を歌うだけではないんです^^


ソングリッシュクラブでは、そこから更に子どもたちが夢中に遊びながら、自然に英語の幅を広げていく工夫を、あちこちにしています。


例えば


Clean Up の歌。



英語レッスンではよく使う歌です^^


その歌を歌うときはね、生徒から


「せんせい、Clean Upの歌をやる前に、やることあるでしょ♪」


ってニヤリと笑いながら、言われます。

だよね♪


わかってるよ!



LET’S MAKE A MESS!!

( ̄ー ̄)ニヤリ



ここで子どもたち、大活躍です!!


いつもはママから「モー!片付けなさい!」って言われちゃう子どもたち。



だから


「はいはい!!!散らかして!!!!もっともっと!!!!」


なんて言われたら、大興奮ですよね^^



新聞紙も、広告も、ビリビリに破いて散らかして、人にかけて、チリの海で泳いで、チリを被って😂😂😂



先生は横で、make a mess! make a mess!! と連呼して、英語表現をそっと刷り込み^^


Are you ready to clean up??


Noooooo!!


しばらく散らかした後


Are you ready to clean up???


Nooooo!!


またまた、「Are you ready to do ナニナニ:ナニナニの用意はできた?」の表現を、そっと刷り込み。笑



(英語はくり返して覚えましょう!って言っても、方法は単語ブツブツ100回繰り返すだけじゃないです^^)


そして、十分に散らかしたら、ようやくClean Upの歌をかけて、みんなでチリのお片付け^^


そんなこんなで、元気いっぱいに体を動かし、使って、自然に英語に触れながら進めるレッスンは、幼児さんの45分でも、あっという間です^^

参加しているお母さんから

子どもたちが笑顔いっぱいに楽しんでいる姿を見て、私も元気をもらいます



なんてご感想も頂いています。



子ども達が目を輝かして部屋を散らかしているのを一緒に笑って見ていられるような、幼児さんのクラスです^^


幼児さん(2歳〜6歳)の体験レッスンに多数お申し込み頂いています


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



結局のところ、発音をどうするべきか

結局のところ、発音をどうするべきか

こんにちは。


松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。


日本人の英語発音については、こんな意見が両方聞かれます。


「日本人は発音を気にしすぎて、恥ずかしくて喋れないという気持ちがある。だから発音を気にせず自分の英語でどんどんしゃべるべき」


「日本人英語だと分かってもらえない。自分の英語を理解してもらえなくて、へこんで自信をなくしてしまう。だから発音をきちんとしないと!」


あなたは、どちらの考え方?


または、このどちらにも依らない考え方でしょうか^^

Mote Oo EducationによるPixabayからの画像



発音については、色々な意見があると思います。


どれか一つの正解って無いです。


私の考え方は

「発音は普段からしっかり意識して練習する。

その上で、本番のコミュニケーションの時は自分の発音を気にせずに堂々と話す」


のがいいと思っています^^


最終的に、ネイティブを目指さなくてもいいのです。


ネイティブ英語じゃなくていいけれど、しっかりと「通じる英語」になるために、日本にいる時、英語教室で学んでいる時にはしっかり発音を意識して、必要な練習を積みます。


で、英語を使う本番は細かい発音気にせず、言いたいこと言うのに集中する。


お世話になっている歌の先生が、きっちりボイストレーニングをしながら、歌の本番は細かいこと何も考えず歌いなさい、おっしゃいます。


同じだな、と思いっています^^


普段練習していれば、本番で何も発音について考えなくてもそれなりに英語らしく話すことが出来ます。


最初から「発音を気にしない!」として練習までしないのは、もったいなさすぎ!!!


英語の発音は、スポーツと同じです。


日本語で使っていない英語の筋肉を、使うための筋トレ。


スポーツも練習すれば、プロにはなれなくてもそこそこ「楽しめる」レベルにはなるのと同じで、英語だって「英語らしい発音を楽しめる」ようになります^^


子どもは発音を習得しやすいので練習は特にお勧めですが、大人だって練習すれば変わってきますよ^^


大汗かきながら、発音練習に七転八倒するのも、楽しい経験です。笑


私も留学時代、前半では「walk 」と「work」の発音が同じになっていて、通じませんでした。


workの 「or」の音を作る筋肉がなかったのです。


でも練習して work を言えるようになり、通じた時の嬉しさは、やっぱり忘れませんよ!!!


子どもは何も言わなくても、聞いた音をそのまま真似して発声し、次第に英語筋肉をつけていく力があります。


日本語OSがガチガチじゃないため、外国語の音に対する許容度も広いのです。


大人は日本語OSがきっちり出来ているため発音はそれないりに苦労しますが(笑)、楽しく取り組めば必ず変わってきます。


どうか、子どもも大人も「英語の発音だってやれば出来るようになる」という心構えで、前向きに楽しく取り組んでほしいなと思います^^


もちろん私は、目の前の生徒さんは全員出来るようになると確信して、いつもレッスンしています。



今日は英語の発音に対する心がまえのお話をさせて頂きました!


子どもたちの夏休みも近づいて来ましたね。


全国で短い夏休みのことと思いますが、親子でいい時間を過ごされますように



ソングリッシュクラブ英語教室
木場陽子



■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



前に進みたくなるパワーをおすそ分けします!

前に進みたくなるパワーをおすそ分けします!

こんにちは。

松本市・ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

LINEからお越し下さり有難うございます。

この1ヶ月、沢山のかたから「前に進みたい!」パワーを頂いていました^^


完全自粛モードだった3−5月末。


6月から(ここ松本など地方は特に)学校・保育園が通常運行になり。


完全に気を緩めることは出来ないながらも、新しい年度が始まった感じになりました。

そこから、ソングリッシュクラブ英語教室へのお問い合わせも数多く頂きました。


2−3歳さんクラスに体験にいらして


「このぐらいの年から徐々に自然に、英語に触れさせたい」


というお話を伺ったり

年少〜年長さんクラスのお母さん方とお話しては


「子どもが英語になんとなく興味を持っているみたいで、子どもが興味があるならやらせてあげたい」


「子どもの方から英語をやりたい!と言ってきたので体験につれてきました」


などというお話も^^


コロナの自粛休業明け、こうして早々に新しい活動に向けて動き出してくださるお母様がたに、沢山のエネルギーを頂きました。


また、対面レッスンを再開した、望月音楽教室さんでの英語のリトミックにも沢山の親子さんが参加してくださいました。


ほんとうに「待ってました」とばかりに来てくださいます!


どのレッスンに来る子達を見ても、子どもたちは、本当に吸収が早い!!!

3−4歳のお子さんでも、数回レッスンに来るだけで、楽しそうに英語の歌を口ずさむようになります。

そしてどの子も、発音がいいっ!!!✨✨


そんな子ども達を見ていると


すべての子どもたちは、無限の言語習得能力を持っている!!!


といつも実感します^^


そしてそして、先日は、大人の英会話もトライアルで始まりました!


下のお子さんが中学生になり、一気に手が空いたというお母様。


「ずっと自分がやりたいと思っていたことを、始めたくって!!」


と、意気揚々とお教室の門を叩いてくれました。

そこで、学生時代の英語の記憶をたどりつつ、ポツリ、ポツリ英語を口に出しつつ、


「えー!やだ〜〜〜!!何言っていいか全然わからないけど、なんかワクワクして超〜〜たのしい〜〜〜!!!ヽ(=´▽`=)ノ」


と、とても喜んで頂きました。


そうですよね!!!


ずっと「あー、英会話できたらいいな、、、」っていう気持ちがあったけど、なかなか自分のことを優先できなかった。


でも今それを出来る時がきて、本当にいま、自分で英語を喋ってみている!!!


お母様ご自身の心が、とってもワクワク・キラキラしているのが手にとるように分かり、私も幸せな気持ちになりました。



コロナの状況は、今後どう展開していくか、誰もわかりません。


情報も「とても危ない」から「絶対大丈夫」まで180度違う意見が飛び交っていて、絶対コレが正しいというものがわかりません。



そんな中で、みなさん自分なりに情報を取捨選択して、3−5月にためたパワーを徐々に外に出し始めているな。


これからの生活や、優先順位を考えて、行動に移されているな。


そんなことを強く実感した1ヶ月でした!



これから盛夏となり、短い夏休みが終わった後は、あっという間に秋冬の声が聞こえてくる事になります。


そしたらまた、このみんなの「前に進もう」というエネルギーを自粛させなければいけない時が来るかも知れません。


こちらを読んでくださった皆様も、もし何か行動してみようかなと思ったら、寒くなる前が、今年の最後のチャンスかも知れませんよ!!!


私もこの1ヶ月で大きな刺激をもらって、温めていたことをどんどん進めようと勇気をもらいました^^



これを読んで下さっている皆様も、なにか「やろうかな」と思っている事があったら、動き出してみるのはいいチャンスかも知れません。


連休・夏休みにかけて短い秋の活動期の作戦を考て、すこーし、動き出しみませんか^^



ソングリッシュクラブ英語教室の体験レッスン詳細は、こちらからご確認頂けます


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



中学英語に「楽勝」するために小学生のうちにやる事

中学英語に「楽勝」するために小学生のうちにやる事

こんにちは。

松本市ソングリッシュクラブ英語教室の木場陽子です。

小学生のレッスンで、発声練習で何曲か続けて英語の歌を歌うのですが、先日リクエストを募った所、半年前の歌がリクエストされました。


昨年の秋にクラスでやった歌。

自然科学の現象を表す英語がたっぷり詰まった歌です。

自然科学なんて言ったら、ちょっと難しい??

そうですね。

小学生向けの英語としては難しいかもしれません。


でも、


(1)歌を習う前に、場面ごとのイメージをみんなでイラストで起こして

(2)その生徒さん書き起こしの愛着ある教材を使って

(3)リズムに乗って何度も歌う


から、実際には楽しんでいいるうちに勝手に覚えていき、それを忘れないのです。



この歌に出てくる英語表現。


Plans are growing (植物が育ってる)
Birds are flying(鳥が飛んでる)
Rivers are flowing(川が流れてる)
Whales are diving(クジラがもぐってる)

Dark clouds are forming(黒い雲が立ち込めてる)
Rain is falling(雨が降ってきた)
Lighting is flashing(稲妻が光ってる)
Thunder is crashing(雷鳴がとどろいてる)

Big gorillas are stomping(大きなゴリラが歩いてる)
Alligator is chomping(ワニが口をパクパクさせてる)
Bugs are crawling(虫が這っている)
Snow is falling(雪が降っている)



これだけの表現を、1度習って半年以上覚えているんです^^

これが、歌の力^^

実はこの英語、「現在進行系の単数・複数の例文」の演習でもあるんです。


中学で習う「現在進行系」の文章。

「主語に合ったbe動詞」+「一般動詞のing型」


と説明されます。


小学生にコレを言っても「なんのこっちゃ」と意味不明。


小学生はまだ抽象概念を理解する力が育っていないので、全くピンとこないのです。


分からない→つまらない→英語が嫌い、になり始めます。



でも、小学生のうちにこれだけ何種類もの「be動詞+一般動詞のing型」の表現を知っていたら、、、、


中学で習ったときに、

「あ、これ知ってるわ。ほんとにそうなってるわ」


と納得するんです。


中学生になると、文法説明のような抽象概念も理解出来る。


その時に、抽象概念に対する「具体例」をたくさん持っていると、


習った時にすっと定着するんです^^


つまり、習った時点で腹落ちし、結果「中学英語って楽勝!」^^



まとめると、

(1)小学生のうちに、文法的な構造を気にすることなく、シンプルな英文にくり返し触れる。

(2)中学で文法構造を含めて理屈で理解し、定着させる。


ということになります^^



このように、年齢・能力に合った方法でインプット→定着をさせていくと、ストレスなく・効率的に英語を習得していくことが出来ます^^



小学生のうちにリズミカルに沢山の英語を覚えられるレッスンの詳細はこちらからどうぞ^^


■ ソングリッシュクラブ英語教室のLINE情報配信

「堂々と英語を話せる日本人になる!英語の学び方無料講座」


・世界で成果を出している「身につく」英語の学び方とは?
・ 日本にいながら効率的・効果的に英語を身につける方法
・堂々と英語を使える子になるために、英語以外に必要なこと

を無料配信しています^^

友だち追加

💖ご登録記念プレゼント💖
「お母さんのNG行動10のチェックリスト~<子供の英語力は親が摘む!」
~子どもさんの英語力が伸びる大切な10の要素と育て方~
解説つき小冊子PDFをプレゼントします!



Scroll Up