「英語を知っている」けれど「使えない」典型例はこれ

「英語を知っている」けれど「使えない」典型例はこれ

こんにちは^^

ソングリッシュクラブの木場陽子です。


「最近英語頑張っている」息子の反応


前回のブログは「災害時の英語」
特集でした^^


今回はオランダ&ベルギーからの
お客様がらみで
もう一つの注目案件!


「最近英語頑張っている小3息子の反応」

についてお話しますね^^



最近、小3息子が英語をやりたーい!
ってなっていて、

「ラジオ基礎英語1を毎日欠かさず聴く」
「英語の本を音読」
「Youtubeで英語動画を視聴」



などなど、色々楽しんでやってるんです^^

そんな英語熱がホットな状態に、
海外ゲスト、きました〜〜〜!


オランダとベルギーからの女子大生^^


その女子大生に、
「英語ホット息子」はどんな態度したでしょうか?


クイズ!!!

(1)最低限の挨拶のみで知らんぷり
(2)練習している音読を披露してみせた
(3)母に「●●って英語で何ていうの?」と確認して英語コミュニケーションを頑張って試していた




さて。

何を選びましたか??




そして、正解は!!!!

。。。。。




なんと!!!!





(1)最低限の挨拶のみで知らんぷり





でした!!!😂


ずっと一人の世界でマンガ読んでました〜〜〜



息子よ!!!
母の予想を超えていこうよ!!!(笑)


いやいや💦


うちの息子。
良くも悪くも「典型的な日本人」タイプ。
マジメで努力家。
完璧主義なとこ、あります。


英語もしかり。
完璧に理解出来ない会話には
入ろうとしない。


下手かもしれない英語は
少しも披露いしない!!


日本人あるある💦

でもね。

だからこそ、
こんな息子と英語の組み合わせは
必要だと思っています^^


そして、
皆さんとシェアする価値も。


超イケイケで
英語大好き、発音もいいし、
片言でもガンガン喋る。


だったら
「やっぱり英語の先生の息子は違いますね!」
で片付いてしまい、
参考にならないですよね。


身も心もごく普通の日本人が
英語をどうやって身につけて
使えるようにしていくか。



私達が目指すのは
そこだと思っています^^

だから息子も、
時間かけていくつもりです。


幸か不幸か、今すぐ英語は必要ない。
必要な時に使えるようになっていればいい。


英語を使うには、
息子を見てもわかるように
「英語を知ってる」だけじゃ足りないんです。


・知らない人と話したいと思う「好奇心」
・下手でも喋ってみようかなと思う「勇気」
・ちょっと無理めな事をやってみようという「意欲」



そういうのをね、
英語を学びながら
並行して育てて行きたいですね。


だからこれを育てるには、
今回のような場面で無理やり親が
「ほら!●●って英語でいいなさい!」
っていうのは逆効果。


「自分でやりたいと思ってやる」
そこまで待つことが絶対条件。



親の仕事の多くは「待つ」「見守る」
だなってよく思います^^


番外編。お気楽女子のケース


一方で、特に英語頑張るわけでもなく
今の所英語に付かず離れずの5歳娘。


もちろん、
家の中ではある程度英語を見聞きして
私の英語レッスンにも一応来てます。


兄の英語を横っちょでいつも聞いてます。


そんなお気楽娘は
このようにノリで英語楽しんでます。笑


臆せずお客様に
「この本読んでー」を意図する
「笑顔と無言」で本を差し出し
しっかり相手してもらってます。笑



お気楽ぶりが羨ましいですね。


娘はどんな英語コースをたどるのか。


兄と違う展開になると思いますが


個人の特性と興味を生かして
英語と関わらせていく。



そのスタンスは兄も妹も変わらずで
進めていく予定です^^


See ya!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up