日本人以外は知っている、世界標準の英語学習法

日本人以外は知っている、世界標準の英語学習法

こんにちは。

松本市:聞く!話す!好きなこと!で「英語で話せる子」を育てるソングリッシュクラブ:次世代子ども英語コーチの木場陽子です。

あなたの子供さんの英語に何も心配ありませんか?

ご存知ですか?
今の日本の大人の英語レベル。

「出来る」人は2ー3割
「自由に喋れる」となると数%です。

これが現状。

いまのままだと、
あなたのお子さんもそんな大人になっていく
ということです。

それでも心配ありませんか?

その原因は学校英語、
つまり
「教科」で始まり「受験」で終わる勉強方法にあります。

私は今、大学受験生の指導もしています。
相変わらず文法重視。
英語が嫌いになる要素ばかりです

受験の終了とともに英語も忘れてしまうのは
きっとこれからも変わらないと思います。

では何をすればいいでしょう?

それは、

日本以外の多くの非英語圏でやって
大きな成果を出している方法で英語を学ぶことです。

それは、
子どもの脳の発達段階を最大に活かす方法なのです。

簡単に言うと、「音」から入り→文字→文法の順序で
英語を習得するのです。

私のレッスンでもこの方法を取り入れ
英語が身についているという実感の声を頂いています。

使う「音」は音楽やゲームなど
子どもたちが夢中になるものです。

だから成果が出るのは当然かもしれませんね。

これは、言語学、社会学、心理学の観点等から
科学的に研究されて効果があるいう方法です。

この方法は中国や韓国でも取り上げられ
大きな成果を上げています。

日本はアジア圏の中でも英語力が最下位と言われています。

私も15年に渡る海外企業での勤務を通して
アジアの中で、シンガポール人、インド人に次ぎ、
中国人、韓国人、マレーシア人が台頭する様子
を見てきました。

みんなこの方法を使っているんです。

これが世界標準の英語学習方法なんです。

image

この世界標準的な英語の学び方に関する
お母さん向けのセミナーをしようかと考えています。

セミナーの詳細と応募方法は

4日後の9月20日20時に発表しますね。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up