息子が自分から「英語もっと知りたい!」と言い始めるまでの経緯

息子が自分から「英語もっと知りたい!」と言い始めるまでの経緯

こんにちは^^

ソングリッシュクラブの講師木場陽子です。

息子が先日

「僕、もっと英語わかるようになりたいよ!もっと教えて!」


と言い始めました。


母、心の中でガッツポーズ!!

この瞬間を待っていたよ〜〜〜!



(でもあからさまにそんな態度をとったら「ハメられた」気分になり興味を削ぐかもしれないので、平静を装う母。笑)

子供たちには、英語という選択肢が無いよりあった方が当然いいでしょ、

とは思っていましが、

親が英語の先生だからといって、強制してもしょうがない。

どうにか、自分で興味を持ってやりはじめてくれないかなと思っていました。

子供には何事も「自分の意志で」学んでほしいと思っているし、

結局は、それが習得のための一番の近道だから。



英語が使えるようになるのかも、

将来英語で”いい成績”が取れるのかも、

結局「自分の意志」でやるかどうかにかかってますよね^^


そして先日ようやく息子から「もっと知りたい!」の声。


息子には、3歳ぐらいからちょこちょこ英語に触れさせていました。

でも、あまり英語を使うと嫌がるようになり、、

(今の5歳の娘の状態と同じ状況です^^;)



強制せず、アピールせず。

英語レッスンに連れ回してはいましたが、「興味がないならやらなくていい」「邪魔するぐらいならクラスの外にいて」と^^;


そんな状態を続けて


小3(8歳)の今「もっと知りたい!」になるまで、4-5年かかったということですね!

今までちょこちょこ種を巻いて

あとは信じて待つのみ!!!


どんな種をまいたかを振り返ると、、


・ 車の中で英語の歌をかける(私がレッスンで使う歌を探す目的)
・ 車の中でゴスペルの英語の歌を歌いまくる(私がゴスペルをやっているため)
・ 月1回ぐらい外国の人をボランティアでホストする(Couchsurfingというサービスに登録しています)
・ 私の英語レッスンには一応参加。
・家でレッスン用教材を作るのを手伝ってもらう


こんな感じ。

やっぱり私が英語の仕事をしているので
普通の子よりは「自然に英語が周りにある」
状況だったとは思います。


でも「あなたも英語できるようになりなさい」と言わず
「英語がその辺にある状況」と
「英語が出来たら何か楽しそうという雰囲気」を
見せてきた。

そんなスタンスです。


子どもの中で情報や経験がたまって、むくむくっと芽を出してくる時があるんだなと思いました。


何の種をまいて、何の芽が出るかはお楽しみ!!

ってところがありますけどね。笑


「もっと英語知りたい!」って言い始めてから、

朝ごはんの時にNHKラジオ英会話を流し

(NHKゴガクのアプリなら、放送時間に関係なく過去の放送を好きな時間にかけられます!)



その日の会話の内容や単語をネタにして朝食を食べても

息子は楽しそうに参加していますよ^^

(で、娘は「わたしぜーんぜんわかんない!」と横でぶーたれております。笑)

でも、そんな息子の興味も、今は「ふたば」。


これからどんな風に育っていくのか、はたまた天候不良、栄養不良で枯れていくのかわかりません。

でもこの先が楽しみだな、と思っています^^


(↓「ナットウは少し、こわいです」というフランス人お兄ちゃんに、ナットウを見せつける小3男子)




Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up