我が子には社会の同調圧力に負けず好きなことやってほしい!と思うなら、まずこれ!!

我が子には社会の同調圧力に負けず好きなことやってほしい!と思うなら、まずこれ!!

こんにちは。

歌って、笑って、駆け回る。一生モノのコミュニケーション英語「ソングリッシュクラブ」松本市:講師の木場陽子です。



週が開けてしまいましたが、

先週の土曜日は私の所属するゴスペルクワイアのコンサートでした。

(写真は松本グレースクワイアのFacebookページより引用)

私、ゴスペル大好きなんです!!!


クリスチャンではないんですが、

心の底から歌って、
ハーモニーに浸って、
とても満たされた気持ちになります。


8歳の息子が生まれた時の産休・育休時に

0歳の赤ちゃん坊やを抱っこしてはじめました。


会社復帰して一旦やめ、
また娘が生まれた時にもう一度始めました。


エルゴに赤ちゃん入れて抱えながら
ステージに立ってました^^


うふふ。
5年前^^

(歌う時のスタンス(足幅)が広すぎるんじゃないかって話。笑)


こういうのを許し、
受け入れてくれるからゴスペル好きというのも^^


今回のコンサートも、
私がたまたま(?)
松本市内の2つのクワイアに入っていて、
その2つの合同コンサートでした。


なので、2クワイアの練習を掛け持ち。

本番前は、リハーサルの回数も増え、

週末昼間
週末夜
平日昼間
平日夜

と様々な時間にリハが。


それでもね、子供につきあってもらいつつ、

頼める近場の支援(実家など)を

フル活用しつつ、かなりの練習をしました。



週末のリハは、

日中は姉に子どもたちみてもらって、

夜はパパか実家。

子どもたちは子守のハシゴ。



平日夜のリハーサルは、

5時まで娘の新体操をやって、

5時半に家に帰って夕飯を食べさせ、

6時半に息子と娘連れて教会へでかけ、

7時−9時の練習する


というのも何度かやりました。

頑張ってたのかな?


そう思って振り返るけど、

いや、

頑張ってたんじゃなく、

ただ、私がやりたいことを、やりたいようにやってた。


どうやったら「それが出来るか」考えて

行動していた^^

理解し、協力してくれた家族に感謝。

コンサート終わってみて思うのは、

そうやって親が「家族の迷惑かえりみず」(笑)

自分の好きなことをガンガンやるというのは

とても大事じゃないかと思いました。

だって。

子供にも「自分の好きなことやって生きてほしい」と思ってる。



みんなと同じでホッとするだけの子でいてほしくない。

みんなと違っても

「俺これ好きだ!」「やりたい!」を

目を輝かせて夢中で追いかけてもらいたい。



そうしていいんだよ、って親が言うには

”私は全て自分がやりたいこと我慢してるんだけどね”

っていうのは、どうにも説得力に欠ける^^;




言葉ではなく、

生活として「自分がやりたいことやる!」

のが当たり前、許されている、受け入れられているのがいいなと。


そういうのが必要だと思うのです^^

そんな事を思う、コンサート明けでした^^





Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up