英語を「やらせる」んじゃなく自分から進んで取り組んでほしいという願い、叶えます

英語を「やらせる」んじゃなく自分から進んで取り組んでほしいという願い、叶えます

こんにちは。

長野県松本市 歌って、笑って、駆け回る 一生モノのコミュニケーション英語を身につけよう!ソングリッシュクラブの木場陽子です。

ソングリッシュクラブのレッスンで毎回使っているこの時計。


子どもたちが自分たちでクラスレッスンを計画・実行するのに役立っています。

先生は、「今日やろうと思っていること」をいくつか用意します。


でも、それをどういう順番で、何分ずつやるかを考えるのは、子どもたち。


レッスンが始まる時に

「先生、今日どうしよっか!」

というのが当たり前の会話になっています。



「どうしよっか」の中には、先生が「出来るようになってほしいこと」と

子ども達が「やりたいこと!」を

両方入れてね、って言っています。



英語ゲームを沢山やりたいけど、全部の時間ゲームじゃダメだよっていうこと。


こうして、レッスンの運び、、、


これを自分達で決めると、1回のレッスンの中に「自分たちの意思」が反映されます^^

「教えてもらう英語の内容」は先生から与えられるものであっても、そこに子どもたちの意思が反映されることで


「自分達がやってるんだ!」という意識のクラスになります。


レッスン中、子どもたちが勝手に時間管理して


「歌が出来るようになるまであと◯分しかない!早く!早く!」



なんて言って、ググっとがんばる瞬間が生まれます。



そんな子どもたちの熱心な姿を見るのは、とても心強い^^


子どもたちに主体的に取り組んでもらいたい、と思っている場合、先生がある程度クラスのコントロールを手放し、子どもたちに渡すことが必要です^^




英語を学ぶという過程で、「主体的に意思を持って学びに取り組む」姿勢も育んでいるソングリッシュクラブです^^




Follow me!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up